彼氏が倦怠期!?「気持ちの温度差」に対処する5つの方法とは?

らん

彼女側には大好きという気持ちがあるのに、どうも彼氏が倦怠期に入ったようで、関係が冷めているような気がする・・・そんな不安を抱えることもありますよね。そこで、そんな彼氏だけが倦怠期に入ってしまった場合の、2人の気持ちの温度差の5つの対処法を紹介していきます。

倦怠期は2人同時とは限らない!


どんなに仲良しなカップルでも、ほとんどが経験する辛い時期が、「倦怠期」ですよね。

お互いの気持ちに「新鮮さ」が感じられなくなり、慣れてマンネリ化が起こった結果、徐々に関係が冷めてしまうこともあります。

そんな倦怠期、実は彼氏と彼女が、2人同時に感じ始めるとは限らないから厄介なのです。


例えば彼女が、彼氏に対して「好き過ぎてたまらない!」「どれだけ一緒にいても飽きることがない」と感じていたとしても、彼氏からは「そろそろ倦怠期かな?」と感じられていることもあるのです。

こうなると、倦怠期の憂鬱な気持ちに悩まされる彼氏と、付き合い始めの頃とあまり変わらず彼氏を想っている彼女との間には、決定的な「気持ちの温度差」が生じてしまいます。


では、そんな彼氏だけが倦怠期を感じ始めた時に、彼女はどう対処すれば良いのでしょうか?

効果的な方法を5つ、ピックアップしてみましょう。

その1:まずは「察する」努力を!


彼氏だけが倦怠期を感じ始めている場合、彼女がデートなどで1人で盛り上がってしまうと、空回りしてしまうこともあるので要注意です。

まずは彼氏の言動などをチェックして、「もしかして、倦怠期って感じてるのかな?」という点に気付くことが大切です。

相手の気持ちを察することができないと、「空気が読めない女」というイメージになってしまい、ますます彼氏の気持ちが冷めてしまうことにもなりかねません。

相手の顔色ばかり窺うのも良くありませんが、まずは「もしかして、彼氏の気持ちは倦怠期?」という雰囲気を察していきましょう。


お互いに相手をよく観察し、分かり合おうとしているカップルなら、相手の態度などから、なんとなく気づくこともできるでしょう。

ですが、空気を読むことに自信が持てないという方は、彼氏が倦怠期に陥っているかもしれないと判断する材料として、以下のようなポイントをチェックしてみるのもおすすめです。


・彼女のちょっとした言動にもイライラしている様子が見られる

・会った瞬間にあまり嬉しそうな顔をしない

・デート中にスマホばかり触っていて目を合わせることが少ない

・連絡の頻度やデートの頻度が減っている

・他の異性を目で追っている


もちろん、何か1つでも症状が見られたら、絶対に彼氏が倦怠期に陥っていると言い切れるわけではありません。

ですが、彼氏にこれらの症状が見られる時には、「倦怠期かも・・・」という意識を持って、慎重に接してみることが大切です。

その2:気持ちをぶつけてみよう


彼氏が倦怠期かも・・・と感じても、気持ちを確かめるのが怖くて、ついそのまま関係を続けてしまうということもありますよね。

確かに、彼氏の気持ちがマンネリ化しており、イマイチ新鮮な気持ちで付きあえていない倦怠期は、指摘すると、そこから関係が崩壊してしまう危険もはらんでいます。

ですが、逆に考えれば、彼氏は倦怠期に入り、彼女に対して新鮮な気持ちが無くなっても、それでも自分から別れを切りだしていないのです。

これは、「新鮮な気持ちはないけれど、彼女のことを想う気持ちは残っている」ということですよね。


心から嫌いになったのなら、きっと倦怠期に悶々と悩んだりせずに、さっさと彼氏の方から別れを切りだされていることでしょう。

そこで、そんな彼氏の気持ちを信じて、思い切って気持ちをぶつけてしまいましょう!

「最近、冷たいけどどうしたの?」「私は今でも大好きだけど、○○君の気持ちはどうなの?」と、思い切って彼氏の本音を聞きだしてしまうのです。

もちろん、ここで彼氏が、「なんだかマンネリ化してるよね」とか、本音をぶつけてきたら、それはそれでショックを受けることになります。

それでも、そんな本音を受け止めるだけの覚悟を決めて、彼氏と思い切り気持ちをぶつけ合ってしまうというのも効果的な方法です。


お互いに隠してきた本音をさらけ出すのは、実は気を遣い合っているカップルにとっては、なかなか新鮮な出来事です。

そんな新鮮な出来事を通して、マンネリ化していた気持ちに再び火がつき、2人の関係に良い刺激を与えてくれることもあります。

ただし、彼氏が答えたくないようなら、しつこく気持ちをぶつけるのは逆効果です。

「放っておいてほしい」「お前の気持ちが重い」なんて思われる可能性もあるので、注意しましょう。

とにかく、まずは1度訊いてみて、彼氏が答えたくない様子を見せていたら、気持ちを切り替えてしまいます。

彼氏に対して、あなたが「倦怠期では?」という不安を抱えているということを伝えられるだけでも、彼氏の心に何かしらの刺激を与えることはできるでしょう。


表面上では気持ちをぶつけ合えていなくても、「心の奥深くには響いているはず」と信じて、しつこく問いただしたりせずに、何事も無かったかのように過ごしましょう。

気持ちというのは、言葉にしなければ、なかなか伝わりません。

お互いに悶々とした気持ちを抱え、それを相手に発さないままでいれば、どんどん気持ちの温度差が広がってしまうのです。

そんな温度差を少しでも小さくするためには、「まずは自分の気持ちをぶつけること」から始めるのが効果的なのですね。

その3:「好き好きアピール」をやめてみよう


彼氏が倦怠期に陥ってしまった原因の1つには、「安心感」があるかもしれません。

男性というのは、狩猟本能がありますので、女性を追いかける恋愛が好きなケースが大半です。

ですが、追いかけていた女性が自分の彼女になり、自分のことを好いてくれていると分かった瞬間、「釣った魚にエサはやらない」状態になることも少なくありません。

決して「完全に興味を失った」というわけではないのですが、彼女の「好き」という気持ちに甘えて、安心してしまうのですね。


つまり、彼女が好き好きアピールをし過ぎてしまうと、彼氏の中で安心感がどんどん大きくなり、それが原因で倦怠期に陥ってしまう恐れもあるのです。

そこで、そんな彼氏の甘えによる倦怠期を解消するために、ぱったりと「好き好きアピール」をやめてみる、という作戦が有効です。

これまで「彼女は俺のもの!」なんて安心しきっていた彼氏は、突然の彼女の変化に驚き、焦り始めることでしょう。

そして、必死で気持ちを取り戻そうと努力を始めるかもしれません。

その結果、彼氏の中で再び、新鮮な気持ちが芽生え、倦怠期が解消されてしまう可能性もあるのです。


ただし、「好き好きアピールをやめる=明らかに冷めた態度をとる」ということではないので注意が必要です。

彼氏が「倦怠期かも」と感じている状態で、さらに彼女から明らかに冷たい態度をとられてしまうと、「もう、この関係は修復不能だよね」と判断されてしまいかねないのです。


好き好きアピールをやめるというのは、例えばこれまで、毎日のようにLINEや電話を彼女からしていたという場合は、これを1日ストップしてみるという方法。

それから、「好き」という言葉を簡単には使わないようにするという方法などが有効です。

これまで毎日のように連絡をくれ、LINEや電話でも、会った時にも「好き」という言葉を連呼していた場合、これが無くなると、それだけで彼氏はなんとも言えない不安に襲われたりするものです。

そして、十分に不安な気持ちをあおったところで、「好きだよ」と、めいっぱいの気持ちを込めて伝えると良いでしょう。


安心しきっていたことで倦怠期に陥りかけていた彼氏からすれば、こうして彼女が1度、遠くに行ってしまったような気分になってからの「好きだよ」は、心にズシンと響くものです。

「やっぱり彼女が必要」ということに、改めて気づくきっかけにもなることでしょう。

「好き」という気持ちや言葉は、とても大切なものですが、安売りし過ぎてはいけません。

彼氏が倦怠期に陥っているようなら、普段の自分にそういったところがなかったか振り返り、態度を改めてみることも大切ですね。

そして、彼氏をできるだけ倦怠期に陥らせないためには、ただ好き好きアピールをするのではなく、上手に彼氏の気持ちを振り回せる「ツンデレ」を実践してみましょう。

その4:非日常感を楽しんでみよう


彼氏が倦怠期に陥ってしまうのは、2人の関係が、いろいろな意味でマンネリ化してしまい、慣れてしまったからというのが大きな原因です。

そこで、この「マンネリ化」「慣れ」を打開するために実践したいのが、非日常感を味わうという方法ですね。


例えばデート。

長く付き合ったカップルの場合は特に、「2人の定番デートコース」のようなものが出来上がってしまいやすくなります。

定番は安心感がありますが、毎回、同じようなデートの繰り返しに、彼氏が飽き飽きしてしまい、倦怠期に陥ってしまうこともあります。

そこで、時には刺激的な、非日常感溢れるデートを楽しむ工夫をしてみましょう。


例えば旅行に行くというのは、最も簡単に非日常感を楽しめる方法の1つですよね。

それなりにお金はかかりますが、「旅行デートのために2人で10万円貯めよう!」なんて目標を立てれば、これも楽しみの1つになるかもしれません。

気持ちを1つにして、旅行デートを計画することで、気持ちの温度差が無くなっていく可能性もありますね。

旅行先では温泉に入ったり、その土地ならではのおいしい物を食べたり、素敵な景色を眺めたり・・・

様々な非日常と出会うことができます。

気持ちが新鮮になれば、隣にいる相手が「この人で良かった」と、改めて実感できる瞬間が訪れたりもするものです。


「時間やお金の面で、旅行デートは厳しい」というのであれば、旅行以外でも非日常感を楽しむことは十分に可能です。

例えば、ラーメン店など「女の子だけだと入りにくい」という印象のある飲食店がありますよね。

あえてそういったところに連れていってほしいと、彼氏におねだりしてみるのです。

オシャレなカフェでのデートも良いですが、彼氏が気兼ねなく入ることができるお店でのデートなら、お互いに、いつもと違う表情を楽しむことができるかもしれません。


また、逆に彼氏を、女の子じゃないと入りにくいような可愛らしいお店に連れて行ってみるのも面白いかもしれませんね。

いつもと違う新鮮な気持ちでのデートは、工夫すれば、そんなにお金や時間をかける必要はありません。

彼氏の気持ちが倦怠期モードに入ってしまわないように、時には定番とは違った、非日常感が満喫できるデートを計画してしまいましょう!

その5:猫のような女になろう


彼氏が倦怠期に陥ってしまったのは、もしかすると、いつも同じような表情しか見せてくれない彼女に飽きてしまったからかもしれません。

これは、特に彼氏が好きで好きでたまらず、嫌われたくないと必死になってしまう女性に多いのですが、つい、嫌われまいと笑顔を作ってしまったり、いつも「イイ顔」をし過ぎてしまったりするのですね。

ですが、残念ながら「いつもニコニコしているだけの女性」だと、男性は飽きてしまいやすいのです。

彼氏に嫌われたくないからと良い顔をしすぎた結果、逆に彼氏が倦怠期に陥りやすくなってしまうというのは、皮肉なものですね。


では、どのようにすれば「飽きない女」でいられるのか、というのが大切なところです。

飽きない女になるためには、「猫のような女」を目指すのが1つの方法です。

猫は気ままで、甘えたい時にはすり寄ってくるのに、気分が乗らない時には寄ってきませんよね。

そんな気まぐれで掴みどころがないところが、猫の魅力です。

そこで、そんな猫の魅力に倣い、彼氏の前で、ある時は思いきり甘え、ある時にはちょっと不機嫌そうな顔をしてみたりと、いろいろな表情を見せてみましょう。


狩猟をするという本能を持つ男性にとって、捕まえられそうで捕まらない女性は、飽きにくいものなのです。

彼女になってからも、そんな捉えどころのない猫のような女を目指して、彼氏の倦怠期を阻止しましょう!

やってはいけない倦怠期対策


彼氏だけが倦怠期に陥ってしまうと、彼氏のことが大好きな女性からすれば、とても焦ってしまいますよね。

そして、そんな焦った女性がやってしまいがちな、大失敗に終わる可能性の高い「彼氏への倦怠期対策」があります。


まず1つ目が、彼氏を責めること。

彼氏が倦怠期に陥ってしまったのは、決して彼氏に悪いところがあるからではありません。

気持ちに慣れが生じてしまうのは、誰しも当たり前のことですし、もし悪いところがあるとすれば、「彼氏を飽きさせてしまった彼女」にあると考えた方が良いでしょう。

ですが、彼氏が早々に倦怠期に陥ってしまった時、「私はこんなにあなたのことが好きなのに、なぜ?」と責めてしまう人がいます。

そんな風に責められると、彼氏はますますウンザリしてしまい、倦怠期が別れの時になってしまう恐れもあるのです。


それから2つ目が、彼氏の倦怠期モードを解消しようと、ベタベタし過ぎること。

確かに、倦怠期モードに入ってしまった彼氏は冷たくなったりして、彼女の不安をあおりますよね。

そうなると、つい「離したくない」という想いから、必要以上にベタベタしてしまったりすることがあります。

ですが、倦怠期モードに入った彼氏の冷めた気持ちに、彼女の熱過ぎる気持ちは重く、ますます、お互いの気持ちの温度差を実感してしまう結果になりかねません。

「ベタベタされるのがうっとうしい」と感じてしまう彼氏もいますので、どんなに不安でも、適度な距離感は保つようにしましょう。

倦怠期は悪いことばかりじゃない!

彼氏が倦怠期に陥ってしまうと、すぐに「別れ」を連想してしまう方が多いでしょう。

ですが、倦怠期というのは、決して悪いことばかりではないのです。

倦怠期は、2人の関係に慣れ合いが生じ始めた結果であり、新鮮な気持ちは無くなっているものの、それなりに居心地の良さを感じていたりすることもあります。


どんなカップルでも、付き合い始めの新鮮な気持ちを一生、キープするのは、ほぼ不可能。

倦怠期が来ても、焦らず、丁寧にお互いの気持ちを紡いでいくことが大切です。

彼氏だけがひと足先に倦怠期に突入してしまっても、彼氏を信じて、焦らずに、工夫しながら気持ちの温度差を小さくしていきましょう。

「彼氏が倦怠期!?「気持ちの温度差」に対処する5つの方法とは?」を読んだ人に人気の記事
「君とは絶対に別れたくない」彼氏にそう言わしめる女性の特徴とは「別れたくない!」そんな風に男性が泣きついてくるシチュエーションではありません。あなたの事が好きで好きでたまらなくて、「○○ちゃんとは絶対に別れたくない♡」と愛情たっぷりに言われたら、とろけちゃいますよね。でも、なかなかそんな風に言ってもらえないのが現実です。だったら、言わせてやりましょうよ。魅力的な女性に大変身して。
甘え過ぎは禁物!恋人同士だからこそ気をつけたい、大切なこと7つ恋人同士となると彼氏、彼女は自分にとって最も気の許せる相手となるでしょう。ありのままの自分でいられる一番心の安らぐ相手です。しかし恋人同士だからと言って甘え過ぎは禁物!親しき中にも礼儀ありと言えるように恋人同士だからこそ気を付けたい、大切なこともあります。
それでも続ける?周囲から反対され、祝福されない恋とは?せっかく恋愛をするなら、どうせなら家族や友人など、周囲の人からも祝福されたいものですよね?でも、こんな恋愛パターンは周りの人が祝福しづらいと感じています。あなたの恋は、大丈夫?

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事