復縁の可能性UP!?元彼とヨリを戻す為の5つのチェック項目!

らん

大好きだった彼氏と別れてしまった時、「復縁の可能性はないのかな?」なんて悩んでしまいますよね。特に相手から一方的にフラれてしまった時などには、よりを戻したいと考える方も多いでしょう。そこで、そんな悩みを抱える方のために、復縁の可能性を高めるためのコツを紹介していきます。

復縁の可能性を探ろう!


大好きな彼氏から「別れよう」と一方的にフラれてしまった時や、ケンカをしてしまった勢いだけで別れてしまった時には、「もう1度、あの頃に戻りたい・・・」なんて切ない気持ちになってしまいますよね。

そんな、自分の気持ちが納得できていないままで訪れた別れに対しては、復縁の可能性を探ってみることが大切です。

何もせずに悶々と悩んでいるだけでは、なかなか前に進むことはできません。

ですが、復縁の可能性を探り、行動を起こせば、もう1度、大好きな元カレとのよりを戻すこともできるかもしれないのです。


では、どのような場合に復縁の可能性があるのでしょうか?

また、その「復縁の可能性」を高めるためには、どうすれば良いのでしょうか?

具体的なコツについて、チェックしていきましょう。

復縁の可能性をチェック!


別れたカップルが復縁できるかどうか、その可能性は、状況によって違ってきます。

例えば一方的にフラれた場合で、彼にすでに新しい彼女ができている、といったケースでは、残念ながら、復縁の可能性は非常に低いと判断せざるを得ないでしょう。

なぜなら、元カレの気持ちは、すでに自分ではなく「新しい彼女」に向けられていると考えられるからです。

そんな状況で復縁したいと考えても、元カレの気持ちが戻ってくる可能性は低いですし、最悪の場合、「本命とは別の都合のいい女」にされてしまうこともあるのです。


ですが、彼にフラれたからと言って、復縁の可能性がゼロなのかと言えば、必ずしもそういうわけではありません。

例えばフラれた原因が、「彼女のワガママに耐えられなくなった」といったことであれば、自分自身が変わろうと努力することで、復縁の可能性が高まりますね。

また、彼にフラれたというわけではなく、ちょっとしたきっかけで大きなケンカをしてしまい、その場の勢いで別れてしまったというパターンでは、復縁の可能性は高いと言えます。

彼女の側だけではなく、彼氏の側でも勢いで別れてしまったことを後悔していることが多く、どちらかが素直にさえなれば、復縁できる可能性は十分にあるのです。

大好きな彼と不本意な別れ方をしてしまった場合、まずは何が原因で別れることになったのか、よく考え、復縁の可能性があるかどうか、判断してみましょう。

プライドを捨てよう!


元カレとの復縁の可能性が低いと判断できる状況でも、復縁の可能性を高める努力をすることで、状況が変わることもあります。

まず1つ目に重要なのは、余計なプライドを捨てることです。

プライドの高い女性の場合、そのプライドが邪魔をして、「自分から復縁をお願いするなんて・・・」という気持ちになってしまうことが少なくありません。

ですが、そんな余計なプライドに邪魔されている間に、元カレの気持ちはどんどん、遠くに行ってしまうかもしれないのです。


そうなる前に、余計なプライドをかなぐり捨てて、素直な気持ちをさらけ出すことが大切です。

復縁の可能性は、とにかく2人がお互いに、素直にならなければ高まりません。

もしかすると、元カレもまた、余計なプライドに阻まれて、元カノとの復縁に足踏みをしている状態なのかもしれません。

そんな時には、女性の方から素直な気持ちをぶつけることで、元カレの素直な気持ちを引き出すことも可能になるのです。


2人のプライドが邪魔し合って、実は心のどこかで想い合っているのに、そのまま縁が切れてしまった・・・

そんな悲しい事態になるのだけは、避けたいですね。

自分から連絡をしよう!


全く連絡を取らないままに、復縁の可能性を高めることなど、できるわけがありませんよね。

別れてしまってからも、元カレには適度に連絡を取るようにしておきましょう。

ただし、別れてすぐに連絡をして、復縁を迫るのは得策ではありません。

「重い女」というイメージになってしまい、ますます、彼の気持ちが遠ざかってしまう恐れがあるのです。


適切なのは、別れてから3ケ月ほどの冷却期間を置いてから、「久しぶり!元気にしてる?」と、さりげなく連絡を取ってみる方法です。

3ケ月も経てば、ケンカ別れした相手でも、気持ちが落ち着き、整理できているので、冷静に連絡を取りやすくなります。

「3ケ月も待てない!」という場合でも、できるだけガマンして、せめて1ケ月くらいは冷静になる期間を作ってから連絡を取りましょう。


中には、「相手から連絡が来るのを待ちたい」という心理が強く、携帯を眺めるばかりで、自分からは連絡しない方もいます。

ですが、復縁の可能性を高めたいなら、そんな悠長なことはしていられません。

適度な冷却期間の後に、自分から積極的に連絡を取っていきましょう。


この連絡の内容についてですが、いきなり「よりを戻したい」という重い内容にするのは控えた方が良いでしょう。

しつこく迫るのも、かえって彼の気持ちを冷めさせてしまう原因になるので要注意です。

まずは日常的なやりとりから始めて、連絡を取り合うことが楽しい、声を聞くと落ち着く、なんて感じてもらえるようになれば、復縁の可能性はグンと高まるはずです。

自分を変えよう!


別れた時には、つい元カレのことを責めてしまうという方も少なくありません。

ですが、カップルが別れてしまう原因は、ほぼ「どちらか1人が悪い」ということは無いのです。

基本的に、「どちらにも悪いところがあったからこそ、別れという道を選ばざるを得なくなった」という状態であるケースが大半ですね。


そこで、別れる原因となった「自分の悪いところ」はどこだったのか、冷静になって、よく考えてみましょう。

中には、元カレから「お前のそういうところが嫌なんだよ!」なんて言われている方もいるでしょう。

そして、復縁の可能性を高めるために、そんな「悪いところ」を改善する努力をするのです。

別れたことが悲しくて、悶々と悩んだり、ふさぎ込んで暗くなってしまったりしている女性には、幸せはやってきません。

復縁の可能性を高めたいなら、前向きになり、自分自身が変わる努力をしていくことが大切です。


悶々と悩む暗い表情の元カノよりも、付き合っていた頃より素敵になったキラキラした元カノの方が、元カレの気持ちが惹かれるのは間違いないでしょう。

元カレ好みの彼女に生まれ変われるよう、ひたむきな努力をしてみましょう!

復縁ではなく「新しい始まり」という意識で!


復縁の可能性を高めるために効果的な方法として、「いったんリセットしてしまう」というものがあります。

1度こじれてしまった2人の関係を修復すると考えると、なんだか、とても難易度が高いイメージになってしまいますよね。

そこで、2人の関係はいったん終わり、次にまた新しく始めるという感覚に切り替えてしまうのです。

気になる人や好きな人がいる時、多くの女性は、その男性に好かれるために容姿や中身を磨いたり、気持ちを惹くための努力をしますよね。

これと同じように、また新しい恋愛に挑んでいるような気持ちで、元カレの気を惹く努力をしてみましょう。


そして、復縁を迫るのではなく、「もう1度告白する」という感覚で気持ちを伝えてしまうのです。

こじれた関係の元カノとの復縁、となると、彼氏も「ちょっと面倒かな」という感覚を抱いてしまう可能性があります。

ですが、また1から始まった新しい恋愛という感覚で2人でスタートラインに立つ方法なら、意外と元カレも、すんなり受け入れられてしまうことがあるのです。

大好きなら諦めないで!

復縁の可能性を探りたくなるくらい、大好きな相手なら、1度別れたからと言って諦めてはいけません。

復縁の可能性を高めるための努力をしながら、虎視眈々とチャンスを狙っていれば、いつか再び大好きな彼とよりを戻せる日がやってくるかもしれないのです。

そのためにも、心の底から大好きと思える相手なら、諦めたり卑屈になったりせずに、復縁の可能性を高める努力をしていきましょう!

「復縁の可能性UP!?元彼とヨリを戻す為の5つのチェック項目!」を読んだ人に人気の記事
どっちが得?元カレと友達でいるメリットと他人でいるメリット比較あなたは元カレと別れた後の付き合いはどうしていますか?元カレと友達として仲良くするという人、全く関わらない人、それぞれいると思いますが、友達になっても他人になってもメリットがあります。そこで今回は、友達と他人という2つの元カレとの関係の、メリットについて紹介します。
元カレから連絡が!気になる?元カレがメールしてきた時の深層心理急に元カレから連絡がくるとドキッとしてしまいせんか?もしかして私にまだ気があるの・・・?元カレがあなたに連絡をしてきたときの深層心理を紹介します♪元カレに未練がある人もそうでなくてちょっとウザいなと思っている人も、少しでも参考になれば嬉しいです!
一緒にいたい!元彼との復縁の可能性をアップさせる為の心構え4つ元彼と一度は別れてしまったけど、離れてしまってから自分の気持ちに改めて気付くこともあると思います。自分から振ったけど、復縁の可能性はあるのか?元彼に振られてしまった場合でも復縁できる可能性はあった!?など、元彼との復縁の可能性をアップさせる心構えを紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事