マンネリ解消!恋愛での男性を喜ばせる簡単な4つのワード

くぴ小春

彼との恋愛、マンネリ対策できてますか?いくら恋したって、マンネリして飽きてしまったり、飽きられてしまったら本当に勿体無い!!これでマンネリ解消!これから恋する人だって、覚えておいて損なしです♩

実は男性には…

「なんだか最近マンネリ化してしまっているなあ・・・」なんていう方に朗報です。

実は男性には、言われたら喜んでしまう一言があるのです。


「すごいね!」

長く付き合っていると、なかなか相手のことをすごいと思うこともなくなってきてしまいますよね。

男性は「やっぱりすごいね」などと言われると、とても嬉しくなってしまうものなのです。

基本的に男性は褒められるのが好きなので、「すごいね」「さすがだね」「頼りになる」などの言葉を言われると、頼られているという喜びを感じ優越感に浸ることができます。

しかし言い過ぎには注意が必要ですね。あまりにも多用しすぎては、バカにされているように感じさせてしまいます。

「ありがとう」


これも、なかなか言えなくなってきてしまう一言だと思います。

記念日や誕生日などに「いつもありがとう」などと改まって感謝の気持ちを述べれば、彼はあなたのことを可愛らしく思い、好きだと再確認するでしょう。

やはり感謝されるのは男性でなくとも嬉しいものです。

「こんなのはじめて」

男性は、女性にとっての唯一となれることに喜びを感じます。

「こんなに長く続いた相手はあなたが初めて」や「こんな楽しいデートはあなたが初めて」などの言葉を聞くと、優越感を感じられます。

また「こんなの初めて」と言われることで、「なんて魅力的な男性なんだろう」と褒められているように思えるのです。

「一緒にいて落ち着く」

男性は、女性から「一緒にいるとほっとする」「なんだか落ち着く」などの言葉をかけられると、女に安心感を与えられていると満足できます。

また男性は、一緒にいて落ち着ける相手ということから、“結婚”を意識しはじめることもあります。

しかし付き合いはじめのカップルだと、男性が“女性をドキドキさせてあげられてない”と思ってしまい、あまり効果的でない場合もあります。

見きわめて使うようにしましょう。

いかがでしたか。

言葉にするからこそ意味があることってありますよね。

少し照れくさいかもしれませんが、彼にしっかり言葉にして伝えてあげましょう。

「マンネリ解消!恋愛での男性を喜ばせる簡単な4つのワード」を読んだ人に人気の記事
【別れる前に】倦怠期になったら考えてほしい「過去と今と未来」あなたは彼氏のことをずっと好きでいられていますか?「なんか最近彼氏のことを好きと思えないな...」と感じた事がある人もいるのではないでしょうか。それが一般的に「倦怠期」と言われています。彼氏への気持ちがわからなくなった倦怠期の時に、別れた方が良いのか、どうしたらいいのか、考え方ひとつで何か変わるかもしれませんね。
マンネリ?倦怠期?セックスレスの原因は見落としがちなアレかも。セックスレスになってしまい、彼の心が離れていくような気持ちに襲われ不安でいっぱい。そんな女性の悩みを解決できるかもしれません。原因は2人の関係とは別のところにあるのかもしれませんよ。セックスレスを改善してラブラブなあの頃を取り戻しましょう。
最近彼氏との時間が楽しくない!マンネリ化を解消する4つの方法付き合った当初はあんなにラブラブだったのに、最近彼氏と一緒いても楽しくない! デートだっていつもおんなじ所で飽きてきた! そう思っている方…それって“マンネリ化”している証拠かもしれません。 マンネリ化の次にやってくるのが、倦怠期。 この壁を乗り越えられなければ、待っているのは別れ…。 そうなる前にマンネリ化を解消する方法をまとめてみました★

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 「ソフトSMで一味違う快感を」セックスのマンネリ化も防げる!?

      長年付き合っていると、ノーマルなセックスにマンネリ化してしまい、セックスレスになってしまうカップルが多いです。マンネリ化を避けるために、セックスの時は少しだけアブノーマルな行為をしてみてはいかがでしょうか。今回はソフトSMについて紹介します。

    • 彼氏との絆を深めるチャンス!マンネリ解消法7つでドキドキ再開!

      彼氏との交際が長くなってくると「マンネリ化」してしまうことがあります。ラブラブな人ほど起こりやすいというマンネリは、放っておくと別れや喧嘩の原因に繋がってしまいます。マンネリを解消するには、どうしたらいいのか?彼氏ともう一度ラブラブになりたい人必見です。