男性は意外と気にする!女性は使わないようにしたい言葉や言い方

男性は意外と気にする!女性は使わないようにしたい言葉や言い方

恋活

男って意外とネチネチ忘れないし引きずるよね!なんて思うことありませんか?そうなんです!男性って気にしちゃうし、なかなか忘れないんです。だからこそ注意したい言葉♩

くぴ小春
くぴ小春
2015.08.26

意外に多い…

女性のみなさん、あなたは自分の言葉がきれいだという自信がありますか?

男性って、女性の言葉遣いを気にしてしまうという人が意外にも多いのです。

今回は男性が女性にあまり使ってほしくない、使っている女性をみると少しがっかりしてしまう、という言葉をまとめてみました。

どうぞ参考にしてみてください。

子供と大人の男女達の影

「うまい」

ごはんを食べた時に、「おいしい」ではなく「うまい」といってしまっていませんか?

また、なにかを「上手」といいたいときにも「うまい」といってしまうことってありますよね。

男性は、「おいしい」や「上手」という言葉に女性らしさを感じるわけではありませんが、「うまい」といっている女性には違和感(男性らしさ)を覚えてしまうそうです。

「まじで」「超」

“こんな言葉使わないよ〜”と思う女性もいるかもしれませんが、特に学生など若い方で使っているのをよく耳にします。

「とても」や「相当」などの言葉で代用したほうが綺麗に聞こえますね。

「うける」

楽しい話で盛り上がったときに「うける〜」と手を叩いて笑う人っていますよね。

一緒にバカみたいに盛り上がれる相手は友達にはいいですが、彼女にするとなると別な話ですよね。

「うける」よりも「おもしろい」「たのしい」などの言葉を使ったほうがより丁寧に聞こえます。

特に社会人の女性などは、まだ学生気分でいると思われてしまうので、あまり「うける」という言葉を使わない方がいいでしょう。

本を読んでいる女の子

「おまえ」「あいつ」

相手をさすときに「おまえ」、第3者をさすときに「あいつ」といってしまう女性がたまにいます。

綺麗な言葉ではないですし、相手に高圧的で上から目線な女性だと思われてしまいます。

「あなた」や「あの人」、「〇〇さん」などの言葉で代用するのがいいですね。

相手のことを「あなた」と呼ぶのに違和感がある人は、「そちら」や「そっち」で代用してもいいかもしれませんね。

いかがでしたか。

自分の言葉の癖って自分ではなかなか気づかないし、直そうとしないと直らないですよね。

普段から気をつけるようにしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)