あなたとは結婚できない!でも婚約破棄にはお金がかかるんです!

あなたとは結婚できない!でも婚約破棄にはお金がかかるんです!

3252
update

結婚の約束をして、準備を進めていたものの結婚することが出来なくなってしまった、そんな時は婚約破棄をすることになります。でも1度婚約をすると、それを破棄するのは簡単なことではないんです。今回は、婚約破棄をしたらどんなお金がかかってくるのか、紹介します。

3252
update

婚約破棄をしたい

指輪

結婚を決めてすぐに婚姻届を出した場合は、婚約期間はありませんが、結婚の準備をきちんとしたいという人は、結婚を決めても準備期間を設けます。

その準備期間中は、一般的に「婚約中」と言われています。

この婚約期間中は、まだ入籍をしていないので結婚を辞めることになったとしても、戸籍に傷が付いてしまうわけではありません。

でも、恋人が別れてしまうのとは違い、婚約が破棄されると、色々な問題が出てくるんです。

その一つがお金です。

お金って、人間関係を簡単に壊してしまうくらいトラブルが多いんですよね。

婚約破棄をするカップルの中でも、このお金の問題でゴタゴタしてしまうというのは多いそうです。

婚約をした時に、色々なお金がかかっています。

婚約を破棄することになると、このお金はどうなるのでしょうか。

また、婚約破棄の理由によって、相手側にお金を支払わなければいけなくなるかもしれません。

それは一体どのような理由の時なのでしょうか。

そこで今回は、婚約破棄をした時のお金の問題について紹介します。

「やっぱり結婚したくない!」皆が婚約破棄を決めた理由って?

婚約したからといって結婚が決まったわけではありません。婚約している時に「やっぱりこの人とは結婚出来ない」と感じて婚約破棄をすることもあります。婚約したからこそわかる相手のこと。今回は、みなさんが婚約破棄をした理由について紹介していきたいと思います。

https://koimemo.com/article/5492

慰謝料は支払うべき?

お金

婚約破棄をした時のお金の問題1つ目は、「慰謝料」です。

婚約破棄をする場合、「ただなんとなく破棄したい」というような理由ではいけません。

1度結婚すると決めた以上、ちゃんとした理由がなければ婚約を破棄することは出来ないんです。

婚約破棄出来る理由で挙げられるのが、「片方の浮気」、「片方に多額の借金があった、嘘をつかれていた」、「結婚への考え方の違い」などです。

「結婚への考え方の違い」の場合は、どちらが悪いというわけではありませんよね。

「結婚はこうあるべきだ」という1つの答えがあるわけではなく、人それぞれ考え方が違っていて、そのどれもが正解です。

ただ相手と合わせることが出来なかっただけということなので、片方に重大な欠点があるというわけではないです。

そのため、このような理由で婚約破棄をする場合は、必ずしも慰謝料が発生するとは言えません。

どんな場合に慰謝料が発生する場合が高くなるのかというと、片方が浮気をしたり借金を抱えていたりと、婚約破棄をする時に明らかに相手に落ち度があった時です。

その落ち度がなければ問題なく結婚することが出来たわけですから、悪いのは落ち度があった方です。

また、突然相手に婚約破棄を言い渡されたなどの予期せぬ出来事があった場合にも、慰謝料が発生する可能性が高くなります。

婚約指輪はどうすればいい?

指輪
この記事が気に入ったらシェア♪
5 名無しさん
通報

婚約破棄にお金がかかるとは知りませんでしたよ。お互いが納得すればそれだけで済むと勘違いしてました。どれくらいお金がかかるのかは知りませんが、お金がかかるということを知っておくだけでも意味があると思ってます

4 名無しさん
通報

ただの口約束でも、婚約していた事実が客観的に認められた場合、破棄には慰謝料請求などのお金が発生するので、安易な気持ちで結婚するなどとは言わないほうがベター。相手の心に誠実に向き合うことで、このようなトラブルを回避できますよ。

3 名無しさん
通報

婚約した後になってから気づくことって沢山ありますよね。結婚はなるべく失敗したくない気持ちもあると思いますが、1度婚約してしまうと婚約破棄のときに慰謝料を求められることもあるんですよ。プロポーズするのも、受けるのも慎重にしたいですよね。

2 名無しさん
通報

婚約破棄でお金かかるのは一部だよね。何も金銭面で問題なければお金は発生しないでしょ?金銭面で揉めて婚約破棄になる前に気付かなかったの、って感じだけどね。多額の借金抱えてる人となんて絶対結婚したくないしw

1 名無しさん
通報

こんなことって誰かに相談しにくいし、相手方の親とかへの挨拶を済ましてたりしたら本当に大変だなーと思って、ちょっと怖くなっちゃった。こんなこと考えたくはないけど、もしものことを考えて勉強しとかないとな。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー