本当は彼氏と仲良くしたいのに。カップルが喧嘩しやすい状況5選

本当は彼氏と仲良くしたいのに。カップルが喧嘩しやすい状況5選

3417
update

彼氏と仲良くしたいと思っているのに、喧嘩になってしまうことが多いというとき、それはカップルが喧嘩しやすい状況にあるのかもしれません。では、カップルが喧嘩しやすい状況とは、いったいどのようなときなのでしょうか?あなたと彼氏が喧嘩してしまうときに、照らし合わせて考えてみてくださいね。

3417
update

カップルが喧嘩しやすい状況ってどんなとき?

 

彼氏とデートしているときは仲良く過ごしたい、電話やLINEをしているなら楽しく話したいと思うのは、当然のことですよね。

それなのに、そんな意志と反して喧嘩になってしまうことが多いという場合は、もしかしたらカップルが喧嘩しやすい状況のときに多く会ったり、会話をしているせいかもしれません。

カップルで喧嘩しやすい状況を知っておき、そんな状況だと判断したときにはしばらくお互いをそっとしておくなどの工夫をすることで、不要な喧嘩を防ぐことに繋がります。

それでは早速、カップルが喧嘩しやすい状況の例を見ていきましょう!

カップルが喧嘩しやすい状況1:疲れが溜まっている

本当は彼氏と仲良くしたいのに。カップルで喧嘩しやすい状況があるって本当?

どちらかに、あるいはお互いに疲れが溜まっているときというのは、神経が過敏になっていたりして、ちょっとしたことで怒ってしまうということがあります。

そんなとき、カップルで長い時間を一緒に過ごしたりしていると、自然と喧嘩に繋がってしまいやすいのです。

状況を想像しながら考えてみましょう。

カップルでどちらかが疲れが溜まっていると感じているときに、デートしているとします。

それがあたなであっても、彼氏であっても、相手に会うことが出来るのが嬉しいという反面、疲れているから本当はゆっくり休みたいというところを無理して会っているということもありますよね。

恋人に会えば、疲れなんて吹っ飛ぶはず!なんて思っていても、身体が言うことを聞かないこともあり得ます。

そんなとき、相手のちょっとした一言にイライラしてしまって喧嘩になってしまうことがあります。

また、疲れが溜まっているために、相手の望むような反応が出来ないということは多いものです。

いつもはノリが良く楽しい会話が出来ていても、疲れていると聞き流したり生返事をしてしまったりするのです。

そしてそれを相手が分かってくれなくて、「なんなの?聞いてるの?」と怒り出してしまうこともあるでしょう。

疲れが溜まっている側も、「これでも頑張ってデートに来ているのに・・・」と怒りで返したりして、喧嘩になってしまうのです。

お互いが疲れているというときはまだ、2人して元気がなかったり、自分がしんどいので相手のしんどさも分かるということで喧嘩にならないこともありますが、やはり気が立っていたりすると些細なことで喧嘩しやすいと言えます。

このように、どちらか、またはお互いに疲れが溜まっているようなときは、無理して会ったり、電話を長引かせるのは喧嘩しやすい状況となり、良い結果を招かないことが多いのです。

カップルが喧嘩しやすい状況2:仕事などで悩みを抱えているとき

履歴見ちゃった!彼氏がしてたら嫌なネットの使い方とは?あなたはどこまで許せる?
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー