モテる方法は「女性らしさ」を忘れず「自立した」女性だった!

モテる方法は「女性らしさ」を忘れず「自立した」女性だった!

1967

今こんな時代だからこそ、女性らしさが求められているのではないだろうか?でも「女らしさ」だけでもダメ!自立した女性でないと優秀は男性はパートナーとして選んでくれない!モテる女性のエッセンスをまとめました。

1967

■モテる女性は男を立てることをする

モテる女性性というのは、外見だけではありません。

もちろん、容姿に関してまったく影響がないかといわれるとそうではありませんが、清潔にしていることなどの常識的な部分は、やって当たり前といえるでしょう。

日本の文化として、男女が完全な対等として扱われるということはあまりありません。

良くも悪くも女性を優先させる部分と男性を優先させる部分と存在します。お互いにお互いが適材適所として動けるような状況を作るという目的で、その役割が分かれていると考える場合は意外と助かる面もあるわけです。

もちろん、得手不得手もありますので立場が逆転するようなことも多くなりました。

そういった面が受け入れられている世の中ですが、基本的に求められてしまうのは「男を立てる女性」であるということです。

親世代の影響は未だに濃い文化も

30代くらいの人たちの親世代では、まだまだ色濃く残る男性を立てる風習は、自分たちが思うよりさらに濃く存在します。

地域的な風習もさらに加わることで色々な価値観も出てきますが、モテる女性性というのは「男の立て方」を熟知している人です。

■自然な気遣いが女性らしさを表す

飲み物が出ていない時に、スッと立ち上がり用意することができたり、いわれていなくとも察して茶菓子を用意できたり、いろいろな所作が自然にできる女性というのは女性らしさをより一層際立たせます。

気が利かない人というのは、性別関係なく人間関係が築きにくい人が多く、コミュニケーションをとる上で、自然な気遣いができるというのは非常に大切なモテポイントです。作られた気遣いというのは、意外と他人から見れば気づくもので「いかに自然にできているか」というのは、

育った環境や性格の面が大きく影響してきます。

そういった点から、モテる女性というのは「自然な気遣い」が求められているのではないでしょうか。

■身だしなみに女性らしさを取り入れる

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
恋愛ノウハウのおすすめ! おすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい! こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー