人見知りでも出会いのチャンスを逃さないために!3つの実践テク

人見知りでも出会いのチャンスを逃さないために!3つの実践テク

1037
update

自分は人見知りだから、いつまで経ってもお付き合いに発展しない・・・。そのような悩みを抱えている人は、「人見知り」ということで自分に言い訳をしているのかも!本気で恋人が欲しい!この出会いのチャンスを生かしたい!と思うなら、こんな実践テクを使ってみてはいかがですか?

1037
update

人見知りだから・・・

なかなか恋人が出来ないことの理由に、「自分は人見知りだから」というように結論付けてしまっていませんか?

でも、人見知りの人は、世の中にはたくさんいるものですが、その全てが恋人がいないわけではありません。

人見知りなりに、こんなテクを使って出会いのチャンスを逃さないようにしましょう♪

1.カミングアウト

カミングアウトというとちょっと大げさですが、もしも出会いの場において、仲良くなりたい異性がいた場合は、早い段階で「実は人見知りなんです」

ということを相手に暴露してしまいましょう!

こうすることで、あなたがモジモジしていたりうまく話せなかったとしても、「人見知りだから仕方ないんだな」とお相手が解釈してくれるのです。

「自分と話したくないのでは?」とあらぬ誤解をされてそれっきりになってしまうということが防げるばかりか、相手が話題を振ったりして助け舟を出してくれることも多くなり、チャンスをものにしやすくなります。

2.聞き役にまわる

世の中、人見知りせず誰とでもすぐに打ち解ける異性に魅力を感じる人ばかりではありません。

人見知りゆえに、ちょっと控えめで物静かという印象を与えるあなたに魅力を感じる異性だっているのです。

中でも、話を「うんうん」とよく聴いてくれる人に好意を持つ人は多いもの。

人見知りなら、無理してワーワー騒いだりせずに、聞き役に徹することで芽生える恋もあるのです。

その場合、相槌や感想を適度に交えると効果的です!

3.微笑みは忘れずに!

人見知りだからとカミングアウトしたり、聞き役に徹したりしたとしても、終始無愛想でいたのでは、やっぱりせっかくの出会いも台無しに!

そこで、打ち解けるまでに時間がかかるとしても、微笑みは絶やさないように意識しましょう。

こうするだけで、相手も警戒心を解きやすくなりますので、お互いに心を開くまでの時間が短縮出来るはずです。

これら3つのテクは、人見知りを無理やり克服しようとするものではなく、そんな性格はそのままに、異性があなたに近づきやすくなるためのテクニックなのです。

無理に自分を変えようとするとうまくいかないので、このように「少しだけ」「プラスアルファ」する気持ちでいるようにし、出会いのチャンスを生かすように心がけてみてくださいね♪

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー