男性恐怖症でバイセクシャルやレズに?女性が同性愛に目覚める理由

まみ

バイセクシャルやレズビアンに男性恐怖症の人は結構多いです。それは何故なのでしょう。男性恐怖症の人がバイセクシャルやレズビアンになる理由や、女性を選ぶ利点などを紹介しています。女性との付き合いに興味がある人も是非参考にしてみてくださいね。

男性恐怖症からのバイセクシャルになった女性は意外と多い


新宿二丁目界隈で飲んでいると、色々なレズビアンの女性に出会うことができるのですが、その中でも結構多いバイセクシャル、そしてその理由が男性恐怖症からのものである確率の高さに、以前の私は大変驚いたものでした。

昔は男性が好きだったけれど、男性に傷つけられ男性恐怖症になったから今はレズビアン、そう語る女性は特に悲しそうではなく、むしろ楽しそうに人生を謳歌しているように見えたのが印象的です。

今回はそんな、男性恐怖症からバイセクシャルやレズビアンになる女性についてお話します。

個人的には、恋愛に性別はないと思っているので男性恐怖症なら無理に男に恋しなくてもいいんじゃないか?と思っていますよ。

男性恐怖症からバイセクシャル、レズビアンになる理由


一概には言えない問題であるため、個人的な見解になってしまうのですが、私がお話したことのある男性恐怖症からのバイセクシャルやレズビアンになった人たちは過去、男性にトラウマを植え付けられたり、うんざりすることをされたという経験があることが多いです。

それは幼少期であったり、または思春期であったり、結構早い段階で傷つけられて男性をシャットアウトしたようでした。

男性恐怖症を植え付けた男が悪いのであって、それ以外の男の中にはいい人もいるのですが、男性恐怖症である人にそんな意見は届きません。


例え、良い人が居たとしても悪い人も居る、もしまた悪い人に出会ってしまった時に力ではかなわない自分を知っていたり、男性に恐怖を味あわされた時の記憶で男性自体に嫌悪感、恐怖感を感じてしまうからこそ、男性をシャットアウトしているのでしょうね。

正直、自分が怖かったこと、それに似たようなことが目の前で起きたら足がすくみます。

怖くて声もあげられなくなることだってあります。


男性恐怖症とは簡単に克服できるようなものではないため、「男の中にもいい人がいる」なんて言葉はその人にとってお門違いなんですね。

男性恐怖症になったとしても、恋をしたい気持ちは出てきます。

男性恐怖症の人は、男性を世界から排除していますから、おのずと恋をしたいとなると女性に目が向くんです。

つまり、男性恐怖症の人がバイセクシャルやレズビアンになるのは自然な事でもあるわけです。


最初はそんな自分に戸惑うかもしれませんが、一旦認めてしまえば楽になるもんです。

男性がダメなら女性を好きになる、恋に性別は必要ないんです。

そもそも女性はみんなバイかレズビアン


2015年頃の話だったでしょうか。

ニュースでも取り上げられていましたね。

イギリスのエセックス大学の心理学部、ゲルルフ・リーガー博士の研究によると、345人の女性に対し魅力のある男女の裸体写真を見せて瞳孔を観察したところ、レズビアンでないストレートのほとんどの女性が男性の裸体ばかりではなく、女性の裸体に対しても性的興奮を覚えていることが観察できたそうです。

この実験では瞳孔の広がりで性的興奮を観察しているのですが、レズビアンの人は男性の裸体写真には反応しなかったことからこの実験の正確性が見えます。


つまり、女性はみんなバイセクシャルかレズビアンなんです。

とはいえ、女性同士の恋愛に嫌悪感を持つ女性もいるでしょうから、断定すると反感を買いそうですね。

要は、女性の裸体に対して女性は魅力を感じやすいということです。

なので、男性恐怖症である人が女性に興味を持ち、すんなりバイセクシャルやレズビアンになれるのはこういった背景があるからとも言えるでしょう。

男性が嫌なら女性、わざわざ男性恐怖症なのに男性に無理に向き合って、ストレスを増やすなんてことを自らしなくても良い世界になりつつあるので、こういった選択も全然アリですよね。

女性が女性と付き合うメリットは「気持ちの面」で分かり合える


ここで女性が女性と付き合うメリットを挙げていきます。

女性が女性と付き合うメリットは気持ちの面で分かり合えるということです。

男性と付き合うとどうしても、気遣いの部分でわかりあえなかったり、「ここはもっとこうしてほしい」といった事が通じなかったりしますよね。

女性同士だと気遣いや気づける部分が似ていることも多いため、男性と付き合うよりそういった面で気持ちが通じやすいのです。

なので男性といくら付き合っても自分をわかってくれないと感じたり、何をしても通じないと思ってうんざりしている人は、一度女性との恋も視野に入れてみると良いかもしれませんね。


とはいえ、女性同士でも気持ちの面で完全に分かり合えるわけではありません。

言っちゃえば、女性同士の付き合いだって問題は多いものなのです。

私が恋に性別は関係ないと思うのは、女性と付き合っても男性と付き合っても、あんまり変わらないと感じているからです。

問題が別の系統になるだけで、喧嘩もありますし別れもあります。

男性恐怖症の人だって、女性ならまったくもって安全だとは思っていない事でしょう。

敵になる人は性別問わず敵になりますし、優しい人だって性別問わず居ますからね。


ただ、女性同士で付き合うのは痒い所に手が届くといった面があり、話し合えば通じやすいことからそういった面では男性と付き合うよりは面倒さがないでしょう。

ですが嫉妬を表に出しやすいのも女性であるため、そこらへんはちょっと苦労するかもしれませんし、もしバイセクシャルとレズビアンが付き合った場合、バイセクシャルの方が男性と話しているのを見るとレズビアンのほうが「やっぱり男が良いんでしょう」とやきもちを焼くこともあるため、どちらが良いとは一概に言えません。


なので、付き合うのは自分に合った人、これだけで選ぶのが一番ではありますね。

こんなに人が沢山いる世界ですから、男性であれ女性であれ、自分に合った人は一人くらいいるはずです。

男性恐怖症じゃなくても、魅力的に感じたなら女性を好きになると言うのも自分の価値観を広げる上でも良い経験になると思いますよ。

男性恐怖症の人がバイやレズになるのは自然な事だった

男性恐怖症になるほどまでに男性に傷つけられたのならそりゃ、もう男性と恋なんてしたくもないですよね。

女性は女性に対して魅力を感じるものなら尚更でしょう。

たまに男性恐怖症になった人に対して「いい人と出会えば変わるかもよ」と言って男性を紹介する人が居たり、男性自身から「俺で男性恐怖症、なおしてみない?」なんて声をかけているのを見たことがありますが、あれは逆効果なのでやめましょう。


男性恐怖症は深刻なトラウマですが、克服できる場合も確かにあります。

しかし、男性恐怖症の人が男性恐怖症を克服するのは自分の意思があって初めてできるものであり、誰かがそれを促すなんてことはできないのです。

自分から「男性にもいい人もいるかもしれない」と思える状況に至らなければ、男性恐怖症が消えることはありません。

男性恐怖症になった理由がずいぶん昔の話だったとしても、思い出すたびに傷口をえぐられる人だっているんです。

男性恐怖症の人に対して克服させようと言う親切心は、男性恐怖症の人にとっては大きなお世話であり迷惑行為であるため、もし周りに男性恐怖症の人が居て、バイセクシャルになったりレズビアンになったその人を元の道に正そうと考えている人が居るのなら思いなおしてみてくださいね。


同性愛は不自然だと言う人も居ますが、自然界でも同性愛はポピュラーなことであるため、まずは自然とは何かを考えるようにしましょう。

自然界の同性愛行為の発見は450種類以上なんですよ。

そう考えると、性別に拘るのは馬鹿らしくありませんか。

少しニッチな話題でしたが参考になれば幸いに思います。

「男性恐怖症でバイセクシャルやレズに?女性が同性愛に目覚める理由」を読んだ人に人気の記事
嫉妬は醜い事じゃない!彼氏に嫉妬してしまう心理状態と対処法とはコントロールしにくい感情である「嫉妬」。嫉妬をしてしまう時の心理状態を自分自身でしっかり理解して、逃げずに向き合うことが大切です。パートナーと二人三脚で原因を探り合える、理想の関係性を築いてくださいね!
好きになるのは自由!でも…友達の彼を好きになってしまったやばい!!友達の彼がかっこよく見える!これって恋しちゃったのかな…?でも友達の彼だから…。そんなことありますよね?あなたならどうしますか?私は断然「諦めて気持ちを切り替える派」です。本当に突き進んで良いんですか?
共感できる女の本音!彼氏と結婚したいと思えない5つの理由とは?付き合っている彼氏がいれば結婚したいと思うのは当然!?いえいえ、そんなことはありません。女性の方が結婚に対してはとてもシビア!恋愛と結婚は別と考えてしまうのも、女性なんですよね。大好きな彼氏でも結婚したいと思えないのはこんな理由があるから!女性なら間違いなく共感できちゃうはず♪

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 理想通りであってほしい…結婚したら幸せになれると思う理由3選

      「結婚したら絶対に幸せになれる」と思っている女性は多いと思いますが、果たして本当に結婚をしたら幸せになれるのでしょうか?それなら何故離婚があるのでしょうか。独身のままの人がいるんでしょうか。今回は、結婚したら幸せになれると思っている理由について紹介します。

    • 悔しいからあの人を見返すの!怒りに任せて決意を無駄にしない方法

      「あの人を見返す!」そう決意しても怒りや悔しさに任せて行動してしまっては、折角の決意がダメになってしまうことがあります。そうなっては勿体ないので、見返すと決意したら心に留めておきたいことを紹介してみました。これらの方法を参考にしてみてくださいね。