女でいるのって大変!女子力をリスタートする4つの意識改革とは?

奈津涼子

夏に向けて女子力を上げようと頑張っていた人も、夏が終わってホッとしたのか、女子力を上げようという気持ちが落ち着いてしまっているのではないでしょうか。それにいきなり寒くなって、寒さ対策に必死になって忘れてしまっているのではないでしょうか。

女子力をリスタートさせる時は。


女子力が下がり気味だと思いつつ、何だかダラダラとしてしまっているなと思っている時、女子力を上げようとリスタートさせるキッカケがなければなかなか始められません。

好きな人ができたとか、大きな目標がなければなかなか難しいですよね。

だからと言って、気合いを入れすぎて女子力アップしようとすると、結構しんどくなってしまいます。


女子力を上げるにはいくつもの我慢や努力が必要です。

そういう縛りから離れていると、そういう厳しい環境にまた身を置こうとしたいとはなかなか思えませんよね。

なので、女子力アップをストップしていた分、取り返すようにハイスピードでリスタートさせる必要はありません。

徐々にペースを戻していってください。

ゆっくりと女子力上げをする為に、明日から始めてほしい事をお伝えします。

女子力が下がり始めるとネイルが・・・。


女子力が下がり始めると、生活に絶対必要な事でない限り、それは全てプラスαである為に「する必要はない」「気が向いたらする」という考えになっていきます。

特にネイルは、絶対必要かと言われればそうではないですよね。

手はよく動かすので、すぐにネイルも剥がれてしまって、マメに塗り直しをしなければいけません。

女子力が下がっている時、こういう行動がとても面倒に思えます。

そして、「だったらネイルなんてしなければいいんだ。」となるのです。


確かにそうです。

ネイルをしなければネイルは剥がれないですから、塗り直す必要もありませんし、ネイルをしなければ爪に気を使う事もありません。

結婚して、毎日炊事洗濯をしていると、ネイルなんて1日も持ちません。

結婚したら、ネイルをしたくてもできなくなります。

ジェルネイルをすると言っても、お金がついていかなくなるという現実がありますし、そもそも爪が長いと家事がしにくいですからね。

どちらかと言うと、ネイルは不必要なものになってきます。

だったら、今の内に愉しめる事は愉しんでおきましょうよ。


でも、やっぱり手のネイルは面倒だと思う気持ちが女子力アップのリスタートを阻みますよね。

だったら、足でいいじゃないですか。

寒くなってくると、フットネイルは目立ちませんから、それこそ不必要だと思うかもしれません。

でもそもそも、女子力って自分の為にするもんじゃないですか。

誰かに気付いてもらうというのは、二の次ですよね。

明日、ネイルを買ってお風呂上がりにでも塗ってみましょう。

女子力が下がり始めるとヒールが・・・。


女子力を高めたいと思うから、女性らしい姿になろうとします。

でも、女子力が下がり始めていると窮屈な事を避けたいと考えるようになります。

すると、玄関で選ぶ履き物がどんどん楽な物になっていきます。


ヒールって、痛いじゃないですか。

ヒールに慣れていても疲れやすいですからね。

だったら、ペタンコ靴でいいやってなります。

いや、ペタンコ靴がダメな訳じゃないですよ?

可愛いコーディネートに必要なアイテムですから、持っていたいですし履いていたいです。


ただ、ヒールを履いた時の気合いの入り方ってあるじゃないですか。

気持ちのスイッチになると思うんですよね。

足元から女子力が湧き上がってくるような気がするじゃないですか。

でも、メンズライクな物からは女子力を上げる効果はありませんよね。


とは言え、しばらくヒールを履いていなかったから履くタイミングが分からなくなっている人もいるでしょう。

だったらまずはヒールでなくても良いです。

ただ、色と形を変えてみましょう。

女性だなって思う色と形の足元になるだけでも、女子力が回復してくるはずです。

足元が変われば着る服までも変わってきます。

レディーな服から遠ざかっていると出会いからも遠ざかっているかもしれません。

足元から恋のチャンスの引き寄せ力もリスタートさせましょう。

女子力が下がり始めるとアクセサリーが・・・。


毎週デートがあれば、オシャレに気を使いますし、その意識がデイリー服にも反映されると思います。

しかし、女子力が下がり始めているという事は、恋ともご無沙汰になっているという事でしょうから、着飾るという事にもあまり興味を持っていないはずです。

これでは女子力なんてキープできる訳がありません。

きっと、随分とアクセサリーもつけていないでしょう。

誰かに見られる訳でもないのに、わざわざアクセサリーなんてつけようと思わないって感じなんでしょうね。

これはとっても危険な状態ですね。

女子力を上げようとリスタートさせるのも時間がかかりそうです。


確かに、毎日違うアクセサリーを選ぶのは面倒に感じてしまい、「私何の為にアクセサリー選んでるんだろ?」って思っちゃいますよね。

でも、アクセアリーは自分の気分を上げる為につけてもいいじゃないですか。

まずはアクセアリーをつける習慣を思い出しましょう。


出掛ける時にアクセサリーを選ぶのが面倒だというのなら、一つだけ絶対につけると決めたアクセサリーを用意して、それを起きた瞬間につけてください。

この行動を習慣にすれば、一日ずっとアクセサリーをつけている事になります。

これだったら、いざ外に出るという時にアクセサリーを改めて選ぶ必要はありませんよね。

そして、いつか毎日つけるアクセサリーは彼からのプレゼントでありたいなって思えれば、出会いへの気持ちが湧き上がり、出会いに貪欲になって、気付いたら女子力アップを頑張れていると思います。

女子力が下がり始めるとメイクが・・・。


メイクが面倒だって思った事のない人はいるかもしれませんが、メイクを落とすのは面倒だと思った事は一度や二度はあると思います。

仕事から疲れて帰ってきてすぐに寝たくても、とりあえずメイクは落とさなきゃって思いますよね。

男だったらこんな面倒な事はないのになぁって思った事ありますよね。

男だったらなって思うなんて、全く女子力とは遠い意識ですよね。


まぁでも、メイクをする時間もメイクを落とす時間もなければ、もうちょっと長く眠れるとかもうちょっと早く眠れるとか思いますよね。

経済的にもメイクアイテムを買う頻度も長い方が良いですよね。

でもスッピンでは出掛けられないし・・・というジレンマです。

だったら、スッピンを磨けば良いのです。


スッピンを磨けばメイクもナチュラルで良い訳ですから、メイクアイテムも少なくて済みますし、メイクをする時間も短くなり、必然的にメイクを落とす時間も短くなります。

年々スッピンに自信が持てなくなっていきますから、スッピンに自信を持てるというのはかなり女子力高めな人として見てもらえるようになります。

それに、肌のお手入れをする事で日々肌の調子が良くなるとあなた自身の気分が良くなります。

すると、もっと誰かに見てもらいたいという気持ちになります。

すると、自然とメイクも楽しくなりますし、もっと外に出掛けるようになって、女子力が下がっている自分をどうにかしたいと思うようになるはずです。

女子力をストップさせた理由。

女子力をストップするのも、女子力をリスタートさせられないのも、あなたに強い目標がないからです。

差し迫って女子力を上げる必要もありませんし、リスタートもいつだっていい訳です。

そういう意識では女子力は下がっていく一方ですよね。


中には、今の持っている女子力で十分だと感じて、女子力を上げようとしていない人もいると思います。

本人が十分だと思っているのなら必要ないのだと思います。

しかし、知らず知らずの内に、まぁいっか精神が強くなっていきます。

すると、今の女子力をキープする事はできません。

気付いた時には、女子力の低さに愕然とするかもしれません。

そんなの怖いですよね。

なので、どこかで女子力を下げないという意識を持ち続けておくのは大切な事なのだと思います。

「女でいるのって大変!女子力をリスタートする4つの意識改革とは?」を読んだ人に人気の記事
彼氏のことが好きすぎる…「彼氏依存」になってしまう女性の特徴!彼氏のことが大好き!と思っている女性は多いと思いますが、彼氏のことが好きすぎるあまり彼氏依存になってしまっている女性も少なくありません。彼氏依存になってしまうと彼氏に重いと思われてしまうこともあります。今回は、彼氏依存になってしまう女性の特徴を紹介したいと思います。
【女性目線で見る】初対面でチェックする女性の身体のパーツとは?異性からの視線も気になるけれど、意外と女性目線での身体のチェックも気になる…ところ。同性の方がお風呂なども一緒に入ることもありますし、自分のものと比べるから尚更気になることもありますよね。今回は、無料生理日予測サイトの【Moon(ムーン)】 のアンケートから初対面で女性がチェックする身体のパーツをご紹介します♡
そののろけ、嫌がられてない?友人に嫌われない為ののろけのルール彼氏と幸せだからのろけたい!そんな風に思うことはとても自然なことですよね!誰だって聞いてほしいし、自慢したい!そんな時もあります。でも、のろけのルールを守らないと、友達との関係が悪くなることも・・・。そこでのろけのルールとマナーをご紹介します♪

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事