浮気した彼氏を許さない!復讐をするなら「冷静さ」を忘れないで!

まみ

彼氏が浮気をした時、我を忘れ、怒りのままに復讐を誓い行動する人が居ますが、怒りのままに復讐をしてしまうとその復讐、完遂しない可能性が出てくるんです。浮気されて復讐を誓ったその時こそ、冷静さを失わないほうが良い理由を紹介しています。参考にしてみてくださいね。

「彼に浮気された…!許せない、復讐したい」


大好きな彼氏、信じていた彼氏に浮気されたら、とても悲しい気持ちになりますし、怒りも沸いてくるものです。

ですが、悲しみを怒りに変えたまま行動したところで、気が晴れる復讐はできないかもしれません。

そもそも浮気をされて復讐したとしても、気は晴れませんし浮気された事実は残るので、悲しみも復讐によって癒えることはないんですよね。

けれども、復讐を一区切りにして前に進むこともできるため、前に進むための復讐であるのなら、怒りに任せたまま行動するのではなく、冷静に行動し浮気への復讐を完遂するようにしましょう。

今回は浮気された時にする復讐と、注意点なども交えてお話ししていきたいと思います。

浮気をされたことが分かったら、とにかくまずは一度冷静になろう


彼氏に浮気をされたことが分かった時にその場で彼氏を責めたとしても、もしかしたら彼氏は逆ギレしてくるかもしれませんし、勢いで許してもらおうとするかもしれません。

こんなことになっては、一度謝ってくれたとしてもまた浮気をするのは目に見えています。

なので、彼氏が浮気をしたことが発覚したらとにかく冷静になることです。


浮気に対しての復讐をする場合は特に冷静さが必要なのですが、これは冷静にならなければ相手の情報をひとつも引き出せないからという理由があります。

復讐って、彼氏に痛い目を見てもらうためにするものですよね。

彼氏だけを責めたところで、彼氏は痛くもかゆくもない場合があります。

彼氏が痛いと感じるのは逃げ場がなくなってしまったり、一方がダメだった時に一方を取るというような保険がなくなった時こそなので、浮気相手の情報は必要不可欠と言えます。


なのでとにかくまず、冷静になりましょう。

浮気はどうやって発覚しましたか?

彼氏のスマホ画面に浮気相手から電話がかかってきての発覚かまたは、その現場を見たか、ですかね。

人から聞いた場合は、まだ確定ではないので探るようにしましょう。

冷静さが消えそうになったら感情を紙に乱雑でも良いので殴り書きして、深呼吸して落ち着くようにしましょう。

探偵になった気分でやると、いくらか気持ちも楽に進められるかもしれません。


彼氏に対しては相手の情報、どこで出会ってどういう付き合いでどのくらいの期間付き合っているかなど、集めきらないうちはいつも通りに接するようにしましょう。

冷静でないと、うまく情報を取捨選択できないため、復讐には不利な状況を作ってしまうことがあります。

復讐を決意したのなら冷静に、これが鉄則になります。

彼氏の浮気相手に復讐しても良い?


女性は彼氏に浮気された時に浮気相手の方に復讐を行おうとすることがあります。

ですがこれはやめておきましょう。

何故なら、浮気相手の女性が彼氏に彼女が居たことを知らなかった可能性があるからです。

もし知っていたとしたら彼氏と同罪ではありますが、彼氏も浮気相手に甘い言葉をささやいたのも事実でしょうから、浮気相手にだけに復讐するのは平等ではありません。

それに彼氏に復讐をするという事は、浮気相手にも間接的に復讐するということにもなりますから、浮気相手単体への復讐は考えなくて良いでしょう。

彼氏を失うかもしれない可能性は頭に入れておいた方が良い


これは注意点になりますが、浮気したことに対する復讐を行う場合、彼氏を失う可能性が出てきます。

復讐はしたいけれど彼氏を失いたくない、そんな場合は浮気は見なかったことにして復讐はやめておくべきです。

復讐をうまく行えば、彼氏は反省してもう二度と浮気心はあっても浮気をしない男になる可能性はありますが、浮気をするような男ですから多少浅はかな面があり、逆ギレついでに別れをあちらから切り出してくる場合があります。

そうでなくても悪いのは浮気した彼氏だというのに「復讐する女なんか付き合えるか」なんて言われちゃうことも。


そういったことになっても良い、彼氏とは付き合いを無理に続行しなくても良い、そんな気持ちでなければ復讐はおすすめできません。

反省させるだけの復讐にしたい気持ちもわかりますが、そううまくいかないこともあります。

同じ復讐でも反省する人も居れば逆ギレしちゃう人も居るという事です。

いわば、復讐で彼氏が反省するかどうかは賭けなのです。

しかし、この賭けをしなければ、彼氏は今後も別の人と浮気を続けるでしょうから、それを正すチャンスでもあるため、彼氏とこれからも付き合っていきたいからこそ復讐をするという考えもありますよ。

浮気した彼氏に復讐!具体的な方法とは


浮気した彼氏に復讐する場合、相手の情報と彼氏との関係をできるだけ多く聞き出して自分の中で整理しておく必要があります。

そして彼氏が聡い人であるならば、「私は浮気を知っています」と言う証拠提示、これだけで復讐が終わることも。

余裕を持った態度で淡々といつも通り彼氏に接するのも大切です。


浮気をしてバレた時に、怒ったり泣いたりしてくれたほうが実はバレたほうは気が楽であるため、こんな余裕そうな態度を取られると逆に不安感に襲われるんですよね。

ですが証拠提示しただけで浮気をしなくなる賢い男性と言うのも珍しいため、これだけでは足りない場合があります。

そんな場合は、浮気相手も巻き込んでしまいましょう。


浮気相手の情報を集めてからの復讐ですから、浮気相手の連絡先も当然知っていることかと思います。

浮気相手にもよりますが、穏やかに申し出さえしたら会ってくれることがあります。

彼氏とも外で会う約束をし、待ち合わせ場所で彼氏と会う1時間前くらいに浮気相手を呼びだして話をして事実確認を終えた後に、浮気相手も巻き込んだ事実確認を彼氏とも行うようにしましょう。

ここまでしても、浮気相手と今後も会って浮気をできるような神経が太い男性は少ないので、逃げ道をなくすためにも、彼女と浮気相手が一緒に居ると言う異空間のような状況を作り上げて、彼氏の心を追い詰めていきましょうね。


浮気相手と3人で会った時にどちらを取るか選ばせても良いのですが、選ばせるくらいなら「私はもう要らない」と言ってみるのもアリです。

彼氏が浮気相手を取るか、彼女を取るのかがここで決まります。

浮気相手を取ることもありますが、こんな場面で浮気相手を取る男なんて、これから付き合っていてもろくなことがないのでこっちから願い下げだと捨ててしまう方が良いでしょう。

もし彼氏がこの時、「いらない」と言われても彼女を取ると良い、彼女もこれからも付き合っていくと決めたのなら好きなものをたんまり買わせて、そこで復讐は終わりにしましょう。

ちゃんと謝らせたら、浮気の話はここでおしまいと、気持ちを切り替えるようにしましょうね。

浮気に対する復讐は冷静でなければ完遂できない

復讐をする際に、冷静である必要があるのは復讐の質が落ちるからではなく、完遂できないからなんです。

中途半端な復讐は後々後悔してしまうことになりかねません。

一番してはいけないのが、浮気相手が発覚してすぐに浮気相手に連絡を取って、暴言を吐くことです。


浮気相手に暴言を吐く彼女さんは結構多いんですよね。

ですが、暴言と言うのは残ってしまうと通報案件にもなりかねないため注意しましょう。

どんな気持ちがあれ、冷静に対処することが大事です。

浮気する方が勿論悪いのですが、浮気された方も加害者になってしまったら両成敗になってしまいますからね。


そうならないように、浮気は賢く制裁しましょう。

冷静になっておけば変な修羅場には発展しないので、苦しいかもしれませんがなるべく冷静な自分で居るようにしましょう。

参考になれば幸いです。

「浮気した彼氏を許さない!復讐をするなら「冷静さ」を忘れないで!」を読んだ人に人気の記事
彼氏がいるのに浮気しそう?女性の浮気心を抑える7つの方法とは大好きな彼氏。順調に付き合ってきたのに、何だか最近刺激が足りない…。彼氏がいるのに他の男性のことが気になってきたかも…。こんな気持ちを抱えている女性も少なくないです。「でも浮気はゼッタイしたくない!」というあなた!!今回は、そんな女性に気持ちを上手に抑える方法、教えますよ♪
これはないでしょ!いくら好きでも許してはいけない彼氏の浮気4選浮気をされたら誰だって辛く、悲しいもの。大好きな人に裏切られる気持ちは、耐え難いものがあります。あなたは、もし浮気されてしまったら、彼氏のことを許すと思いますか?いくら彼氏のことが好きでも、許してはいけない浮気というものがあります。どんな浮気が許してはいけない浮気なのでしょうか?
待って、浮気を疑う前に!浮気していない彼氏の4つの行動・状況最近彼氏がよそよそしいと感じる、浮気しているのではないか?と彼氏の言動や行動から浮気を疑ってしまう人も多いのではないでしょうか?しかし、ちょっと怪しい行動をとったからと言って、全てが浮気に繋がるわけではありません。そこで今回は、彼氏が浮気していないと確信できるような行動・言動について紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事