目指したい!皆が憧れるラブラブカップルには5つの特徴があった!

ameri

せっかく付き合うなら、ラブラブでいたいですよね。そして周りから憧れられるラブラブカップルになりたいと思いませんか?実は、ラブラブな関係性を築いているカップルには特徴がありました。特徴となるために意識しておくべきことをご紹介します!

誰もが憧れる“ラブラブカップル"になりたい!


せっかくお付き合いするなら、誰もが憧れるラブラブカップルになりたいですよね。

ラブラブカップルとは、「人前でイチャイチャする」カップルではなく、「素敵だな、こうなりたいな」と思われるようなカップルのことを指します。

お互いに自立していて、その上でお互いを必要として一緒にいる関係性って、とても素敵だとは思いませんか?


そんな誰もが憧れるラブラブカップルには、いくつかの特徴がありました。

特徴と、ラブラブカップルになるためにするべきことをご紹介していきます。

ラブラブカップルの特徴


まずは、なりたい理想像をじっくり知ることからはじめてみましょう。

ラブラブカップルには、どのような特徴があるのでしょうか。

特徴を知って、真似できるところから取り入れていくことが1番早い方法ですよ。

理想のカップルに少しでも近づけるように意識してみてくださいね。


ラブラブカップルの特徴1:相手を思いやっている

ラブラブカップルの特徴としてまず言えるのは、お互いがお互いのことを思いやっているということです。

いくら近しい存在でも、思いやりがなくなってしまうのはNG。

「思いやりが無くなることは、心を許している証拠」というのは、甘えです。

相手を思いやれなくなってしまうのは、怠惰でしかありません。


“親しき仲にも礼儀あり”という言葉があるように、側にいてくれている相手にこそ思いやりを持ちましょう。

あなたが恋人に対して思いやりを持つことで、それを言動・行動で示すことで、彼氏からの思いやりもしっかり受け取れるはずです。

無償の愛を注いでくれるのは家族くらいです。

与えてもらうばかりだと、パワーバランスが崩れ、素敵な恋人関係を築くことが難しくなってしまいますよ。


ラブラブカップルの特徴2:相手を尊敬している

二つめの特徴は、相手を尊敬していること。

人間良いところと悪いところがあるのは当たり前ですよね。

自分より秀でた部分がある相手のことを「すごい」と思うのも当たり前ですよね。

相手の良いところを積極的に見つけて「すごいなあ、尊敬する」という気持ちを持っていれば、多少のことで落胆したり見損なったり、相手のことをバカにしたりという気持ちは出てこないはずです。


お互いを尊敬しあえるカップルは、長く素敵な関係を持続させることができますよ。

ラブラブカップルになりたいのであれば、相手を尊敬できる部分を探してみましょう。


ラブラブカップルの特徴3:自慢しすぎず、謙遜しすぎない

はじめはラブラブを自慢されて羨ましいと感じるかもしれませんが、回数を重ねるごとに「またか……しつこいな……羨ましいと思えなくなってきた」と感じた経験はありませんか?

何事もバランスが重要です。

カップルでの出来事を逐一SNSや口頭で発表していたら、憧れ感は薄れてきますし、謙遜しすぎても「卑下しすぎ」と思われてしまいます。

二人だけで楽しむところは楽しむ、適度にオープンにする、相手の陰口を言わない、「幸せだ」ということを否定しない、ということを意識してみると良いかもしれませんね。


ラブラブカップルの特徴4:自信がある

ラブラブなカップルの特徴として挙げられるのは、「自信がある」という点です。

自信があるとそれは表情にも出てきますし、自信は余裕となって表れる。

「自分は大切な人から愛されている」ということや、「自分には愛すべき人がいる」ということ、「今後一緒に生きていきたいと思える相手がいる」ということ、それは無意識的に自信に繋がります。


自分の味方でいてくれる人が一人いるだけで人は強くなれます。

そんな自分の味方でいてくれる人に認めてもらえることは、他の環境で生きる上で自分を支えてくれますよ。

その自信がお互いの糧になり、カップルとして魅力的に見えてくるのではないでしょうか。

自分に自信のあるカップルは、見ていて魅力的で応援したくなります。


逆に、自信がなく相手に対する思いやりを持っていないカップルは応援したくならないですよね。

ラブラブカップルは相手のことを認め合い励ましあうことができているので、その自信が滲み出てくるというわけなのです。


ラブラブカップルの特徴5:幸せオーラが滲み出ている

ラブラブカップルは、とにもかくにも幸せオーラが溢れています。

心の底から感じている幸せが、どうしたって外に出てきてしまうんですね。

それは、自分を騙して好きだと思い込むと言う関係性ではなく、心から相手のことが好きだと言う気持ちがあってこそです。


自分の気持ちに疑念を抱いてしまっているのに、無理して付き合う必要はありません。

自分の気持ちを騙して、付き合い続けていてもラブラブカップルにはなれません。

嘘をついてまで続ける恋愛は本物ではないですから、しっかり見極めてくださいね。

絶対に「この人だ」と思える相手は出てきますから、その人に出会えるまでの辛抱ですよ。

ラブラブカップルになるためにすべきこと


ここからは、ラブラブカップルになるためにするべきことをお伝えしていきます。


相手の尊敬できるところを見つける

ラブラブカップルになるために何をすればいいかと言うと、まずは相手の尊敬できるところを見つけるというのが第一です。

相手の良いところを積極的に見つけることで、尊敬に繋がります。


カップルがなぜダメになってしまうかと言うと、相手の悪いところばかりが目について、悪いところが許せなくなってしまうからなのです。

「本当の愛」は、相手のダメなところも丸ごと受け入れるということです。

ですが、まずは相手の悪いところを許すよりも先に、相手の良いところをどんどん見つけて褒めてあげる・尊敬することが第一歩になりますよ。


ほどよく自分の時間も持つ

ラブラブカップルは、相手のことを何がなんでも優先する関係という風に思われがちですが、そうではありません。

本当にラブラブな関係性は、ほどよく自分の時間を持っていて、お互いに自分の趣味があり、そして相手の趣味のことを理解していて、それでもって二人で一緒にいられる時間を最大限に大切にできることを意味します。


友人や周りのことをおざなりにして、恋人だけを優先し続ける生活は、ただの「依存」です。

依存とラブラブを履き違えてはいけません。

似ているようで全く違うものです。

自分の時間を充実することで、2人の時間をより大切にすることができます。

しかも、自分の趣味を持っている人間の方が魅力的に見えますよね。

もしあなたが相手に依存されて、自分の自由な時間がなくなったらどう感じますか?

それが嬉しいと思う人もいれば、重たくて無理だと感じる人ももちろんいると思います。

ですが、依存は常に不安定な状態であり、すぐに崩れてしまいます。


二人で依存し合いながら生きていく関係性と、二人が自立して支えあいながら生きていく関係性は、似て非なるものです。

お互いが自立した関係こそ、ラブラブカップルだと言えますよ。


相手の価値観を理解する

人間誰しも、価値観があります。

それが全てぴったり合う人間というのは、どこにも存在しません。

ということは、自分の価値観を相手に理解してもらう必要がありますし、相手の価値観を自分の中で噛み砕いて理解することが大事です。


カップルと言うのは赤の他人同士ですから、価値観が似ていると言うことはあっても、全く同じとことはあり得ません。

だからこそ、相手を大切にするためにも相手の価値観を理解することはとても大事なのです。

相手の価値観を理解してこそ、相手の本質を理解することにつながります。

それがラブラブな状態を持続させることにも繋がるわけです。

思いやりが大切

お互いを尊敬し合い、思い合える関係になってこそ、ラブラブカップルになったと言えるのではないでしょうか。

そばにいてくれる相手をぜひ大切にしてくださいね。

「目指したい!皆が憧れるラブラブカップルには5つの特徴があった!」を読んだ人に人気の記事
適切な恋愛相談相手とは?内容がこんなにも違う5人の関係者たち!自分の好きな男性と上手くいこうとするために、恋愛相談というのは欠かせない要素のひとつになります。でもその相手によって、内容が大きく異なることも...なので今回は、相談相手との関係性によって、どのような恋愛相談になるのかについてお伝えします。
私の好きな人は夢を追いかけている。応援すべき?それとも?夢に向かって努力している男性って素敵ですが、年々、現実を見なければいけなくなるというのも事実です。あなたの好きな人が夢を追いかけているとしたら、あなたはいつまで好きな人の夢を応援し続ける事ができるのでしょうか。そういう人を好きになったあなたが経験するかもしれない現実を、いくつかご紹介していきたいと思います。
「同じような内容じゃん!」恋愛コラムに疲れてしまった時の対処法インターネット上には、たくさんの恋愛コラムが溢れています。中には読んで疲れてしまう、だけど暇つぶしのために読んでしまう、という方も多いのではないでしょうか。そういう時の対処法と、恋愛コラムを自分の蓄えにするための方法をご紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事