共依存の関係性はDVを生む?彼と別れられないのなら考えるべき事

まみ

DV彼氏であっても別れたくない、別れられない、そんな人は中々多いものです。でもDVのある生活を続けていく自信もない、そんな場合DVを逆転することが解決策になるのですが、そんなこと可能なのでしょうか?方法と注意点を紹介しています。

「DVな彼氏だけど別れたくない……」


年々DVの相談件数が増えているそうです。

そんな社会的にも目立ってきたDVですが、DVだと理解しつつ自分から離れられない、そんな人がいるのも事実。

暴力を振るわれたから即逃げるなんてことができていたら確かに、DVはそこまで問題視されていなかったのかもしれません。

DVな彼であるのに逃げられない、逃げたくない、この心理はDVを受けている人もまた、DVしている彼に依存しているからであります。


暴力は受けているけれど、彼が居なければ自分はダメなんだ、そういった洗脳を受けている可能性もありますね。

「暴力さえなければ、彼は本当にいい人なの」

そう言う人も居ます。

が、それでもDVは悪い事です。

誰かが誰かを支配していいことなんてことありませんし、支配する権利もありません。

自分を価値のないものと馬鹿にすることだって、本来あってはならないことなのです。


でも、それを理解した上でも別れたくないのならば、自分が動くしかありませんね。

DVを受けていたけれど今は立場が逆転、そんなカップルや夫婦もいるので、そういった逆転例を果たした人たちのお話と、逆転する際の注意点をお話しします。

逃げるのが一番だということ前提でお話しします。

まずはじめに:DVをする人は人を選んでいる


DVをする人と言うのは、相手が誰であれDVをしているわけではありません。

人を選んでDVしているのです。

もしも、恋人にDVされている人がいたとしたら、選ばれたからDVされているということを知ってください。


DVする人がDVされる人を選ぶ条件に「支配しやすそう」というものがあります。

DVは支配するためにする行為なので、支配できそうにない、芯がありそうな人をDVする人が選ぶことはないのです。

心が弱そうだったり、自分以外に頼る人が居なさそう、または天涯孤独であったり、寂しい気持ちを抱えて生きている人などを狙います。

自分が居なければ価値がないと思い込ませることが簡単そうな人ですね。

暴力と言葉で屈服させ、跪かせるイメージでしょうか。


足枷があると思い込ませ、そこから動けば生きていられないというように洗脳していきます。

心が自立していたりすると洗脳や支配がしづらいため、心の自立ができていない人がよく選ばれます。

どうしてDVする人が支配をするかと言うと、要は自信がなかったり、DVする人もまた心の自立ができていないからです。

自分と言う存在を自分で認められていないので、支配することで「屈服させることのできる自分」「その権利がある自分」を錯覚し作り上げて、自分を保とうとしているのです。

なので、DVの多くは共依存だと言われています。

例外もあるとは思いますが、DVされているのを自覚して逃げたいのに逃げられなかったり、逃げる意思がない場合は共依存と見ても良いでしょう。

DVから抜け出すためには心の自立をしなければならない


DVから抜け出すためには、支配されない自分になる必要があります。

DVする側はそんなことを求めていないので、邪魔をしてきますがそれでも心の自立をしなければ、抜け出すことはできません。

DVされている側が心の自立ができてくると、DVする側は面白くなくなって、あちらから離れていく場合がありますが、最期まで暴力と言葉で支配しようとする行為をやめようとはしないことでしょう。

なので、DVが行われ続けた場合、もうやめにしたいと思ったらすぐさま病院と警察に駆け込む、これが一番早かったりします。


心の自立をはかっていても、決意を次々に折っていくのもDVをする人の手でもあるため、まずは離れる、これが大切です。

ですが、「なら心の自立なんてしなくても、離れられたらそれでいいんじゃない?」そう思うかもしれませんが、そうもいかないのがDVの怖いところです。

DVをする人は人を選んでDVをしているというお話をしましたが、心の自立ができていない状態を続けることで、また別のDVをする人に狙われる可能性があるからです。


DVをする人ばかりではありませんが、DVをする人は一定数居ます。

そしてDVされる人は一部ではありますが、DVから逃れてもまた別のDVに出会うといったパターンもあるのです。

悪循環ですよね。

なので、本当の意味でDVから抜け出すためには心の自立が必要です。

とても苦しい自分との戦いにはなりますが、これをしなければDVの悪循環からは抜け出しづらいです。

DVする側される側、逆転することもある


DVする人と言うのは暴力や言葉で支配してきますが、あるきっかけで立場が逆転することがあります。

例えば、DVに耐えかねた彼女がDV彼氏に対してDVの仕返しをしたといった場合です。

DVする側はやり返されるなんて思っていないため、まず驚きます。

そしてDVする側のメンタルと言うのはされる側と同じくらい脆いので、その一回の反撃で折れたりもするのです。


つまり、DVする側される側を逆転させるためには反撃する必要があり、反撃できるんだという事を見せつける必要があるのです。

ただし、これには注意点があります。

反撃した時に、もっと暴力が増える場合があることを知っておく必要があります。

反撃を受けても、痛くても動ける範囲であればもっと強い暴力でやり返されることもあるのです。


男性から女性にするDVであった場合、力の差が歴然であるため、ちょっと反撃しただけでは暴力が増えるだけでしょう。

衝動的な反撃は、ほとんど無意味だと思っていいでしょうね。

衝動的にやり返して逆転した例もあるようですが、そうでない例も多いです。

逆転させるためには冷静に対応しなければならないため、もしも彼とは別れたくないけど逆転させたい、そう思うのならば彼が反撃できない環境を作るしかありません。

男性が女性に受けるDVであった場合、反撃すると反撃した暴力だけDV認定されることもあって、これもまた根深い問題ですね。


逆転させてまで、この関係を続けるのは本当に自分の幸せなのかをよく考える必要がありそうです。

色々な問題があって別れられない、そういった自分では解決できない事情も中にはあるでしょうから、簡単には言ってはいけないことかもしれません。


でもやっぱり、DVをされたらさっさと離れる、これが大切です。

「でも」や「だって」を封印したら、DVをする人の傍に居るための言い訳なんて出てこなくなりますよ。

確かに、依存していた人が突然いなくなってしまうのは苦しいことかもしれません。

けれどもDVに愛はありませんし、する方もされる方も、言ってしまえばお互いを利用しているだけの関係なんです。

寂しい関係は、時間が経つにつれもっと虚しく悲しくなるものですから、逃げられるならすぐにでも逃げる方が、自分のためでもあります。

DVは逆転することもあるけど、さっさと離れるのが一番賢い

自分を認められない2人が出会って認め合い、高めあっていく、これなら良いと思うんですけど、DVにもつれ込んで泥沼のような傷の舐めあい劇が始まるのはどうかと思います。

相手がいないと自分に価値はない、そんな2人はシチュエーションなどを変えたら恋愛漫画のようになるのに、どうして暴力に走るのでしょうね。

DVをする人の中には、DVをすることでもっと自分を嫌いになってしまう人もいるみたいなので、それこそ悪循環ですね。


別れたくなくても別れる、別れないの決断は置いておいて、2人のためにも離れてみるのが一番かと思いますよ。

参考になれば幸いです。

「共依存の関係性はDVを生む?彼と別れられないのなら考えるべき事」を読んだ人に人気の記事
こんな男性は好きになる前にポイ!ダメ男の特徴を知って予防線を!いつの時代にもダメ男が存在するのですが、今回はそんなダメ男に騙されないように、好きになってしまわないように予防線を張れる「ダメ男の特徴」をまとめてみました。いったん好きになってしまうとなかなか抜け出せなかったりしますので、その水際で食い止められるような、ダメ男の特徴を5つに絞ってみました。
彼氏の浮気はスマホアプリでチェックできる~浮気の証拠を掴め!男性は浮気をする生き物なんだとか…。怪しい彼氏を尾行するのも、確実な証拠を納める事が出来ますが、そんな労力を使わなくてもちょっとした事で彼氏の行動を把握する事が出来るアプリがあるんですって!今回はそんな彼氏の浮気防止、証拠を掴むためにまとめてみました!
ちょっ!それ地雷!特に恋愛下手女子は要注意な地雷男子5パターン男女には相性もあるから、いい男の定義は人それぞれでしょう。でも、幸せな恋をしたいなら絶対避けた方がいい地雷男子がいます!恋愛下手な女性は特に注意してほしいNGなオトコをまとめてみました。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事