夫は結婚を後悔しているのかも…日常から読み取れる4つの兆候とは

夫は結婚を後悔しているのかも…日常から読み取れる4つの兆候とは

3126
update

「夫はたぶん、自分との結婚を後悔している...」あなたがそう思うのは、きっと夫からそれを思わせる何かを感じ取ったからだと思います。でも男性は、なかなかそれを口にしない...なので今回、日常で分かる「結婚の後悔」の兆候をご紹介します。

3126
update

男はただ黙っている

男性

なんか最近夫が冷たい、機嫌が悪い、そっけないなど、もしかして自分との結婚を後悔しているんじゃないかな?なんて、思うような出来事が頻発しているんじゃないですか?

でもそんなの、あくまで予想の範囲を出ていなく確証が持てなくて、「たぶん」「おそらく」結婚を後悔しているのかもという認識で、悶々とした日々を送っているんじゃないでしょうか?

でも残念ながら、そういう時の女の勘って当たっていることが多くて、夫は本当にあなたとの結婚を後悔していて、これからどうしようかと決断に差し掛かっている段階なのかもしれません。

となればいち早くそれを察知して行動に移し、離婚を阻止しなければなりませんが、今一つ確証が持てないのでどうしても踏み切れない...。

なので今回は日常で兆候として現れる、「夫の結婚の後悔」をご紹介しますので、もし当てはまるものがあれば即行動です。

あまり躊躇していると、男性の決断は覆らないことが多いことから離婚の決意をされるとまずいので、そうなる前に対策をしておくべきです。

男は離婚の後悔なんて決して自分からは言わず、来るべき時をただただ黙って待っていますよ?

帰宅が遅い

時計

結婚の後悔をした男性たちの、典型的な兆候、症状と言えるものです。

結婚を後悔しているということは、少なくともあなたに対して良い評価を下していない、むしろ相手として不足だった、失敗だったという認識があるのは、残念ですが認めざるを得ないところだと思います。

だからあなたに会いたくない、会いたくないから家に帰りたくない、家に帰りたくないから自宅への足が遠い、だから帰宅が遅い...結婚を後悔している男性が家に帰らない簡単な図式です。

なお比較的男性は警戒心が強いので、妻であるあなたに悟られないようにそれほど頻繁に帰宅を遅くせず、あくまで「時折」仕事が立て込んでいるなどと理由を付けることになると思います。

これが兆候になると言えます。

「時折」帰宅が遅いことをしっかりと認識して、夫の普段の態度と照らし合わせて結婚を後悔しているかを判別し、直ちに再構築に移行するのが適切な処置だと言えるんじゃないでしょうか?

重症化すると毎日のように帰宅を遅くして、「あえて」あなたに結婚を後悔しているという意志表示をするようになり、ここまで来ると夫はある程度の決意をしていると考えなければなりません。

男性が決意するときは、女性からのアプローチではなかなか覆せないので、そうなる前に踏み込んで行動をする姿勢が必要になります。

ため息が多過ぎる

男性
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

どの夫婦も結婚生活が長いと、こうなっちゃうのなあって思っていたけれど、あれは結婚しなきゃよかったっていうサインなのかなと思い、はっとさせられました。長いからって諦めるんじゃなくて、問題があるってしっかりと見つめ直す必要があると感じました。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー