リスクが大きすぎるから甘い考えは捨てるべき。避妊の重要性とは

リスクが大きすぎるから甘い考えは捨てるべき。避妊の重要性とは

3016
update
posted2017/12/06

彼氏と性行為をするときは、きちんと避妊をしていますか?ほとんどの人が避妊をしっかりとしていると思うのですが、あまりしていないという人もいますよね。しかし、避妊をしなくてはならない理由がありますので、あまり避妊をしていないという人は参考にしてみましょう。思ったよりも危険が多いです。

3016
update
posted2017/12/06

コンドームは着けてもらうべきです

ベッド

避妊の方法はいくつかありますが、一番オーソドックスなのはコンドームを使うことです。

他のピルやアフターピルは女性の身体に負担をかけてしまいますので、できることならコンドームを使用しましょう。

コンドームを使用せずに性行為をする場合、女性が事前にピルを飲んでいるか、事後にアフターピルを飲むことになりますが、負担をかけたくないのであればやめましょう、ということです。

男性がコンドームをつけていても100%避妊ができるわけではありませんが、妊娠する確率は確実に低くなります。

ですので、コンドームを使用することは大切です。

近頃避妊に関しての認識が甘い人が増えているような感じがしますので、今回は避妊することがなぜ大切なのかについて話していきたいと思います

妊娠した後のことを考えていないから

女性

多くの方が妊娠した後のことを考えずに避妊を怠りますが、それはとても危険です。

出来ちゃった婚ができるくらいの経済力があるのであれば百歩譲って大丈夫だとしても、大半の人はそうではありません。

人間は計画的に子供を産まなければ、経済的にも仕事面でも影響が出てしまいます。

ましてや学生のうちであれば、親に養ってもらっていることがほとんどです。

そんな中、子供を作ってしまうと、生活を犠牲にしなくてはならなくなります。

そういった様々な要素を考えたときに、多くの方々は子供を堕ろすことを考えるのです。

しかし、子供を堕ろすということは一つの命を奪うことになります。

かといって産むとなってしまうと責任が取れない人が多いです。

男性であっても女性であっても、最終的に子供を作ることの責任を取れる人間でなければ、避妊は絶対にしなくてはいけないと思います。

避妊をしないということは、責任を取ることができる人をのぞいて、子供の命を奪ってしまう可能性があるのです。

その自覚をせずに避妊をおこたっている方がいれば、すぐにでも避妊をするようにしましょう。

また、もしも妊娠してしまった際にあなたと男性側の意見が食い違ってしまう可能性もあります。

あなたは妊娠してしまった子を産みたくても、彼氏は堕したいといっていたら、揉め事に発展してしまうでしょう。

子供に関する揉め事だと、お互いの親族も巻き込むことになりかねません。

避妊をしないということは、人間の命を奪うだけでなく、多くの人に迷惑をかける可能性があるのです。

そこをしっかりと考えるようにしてください。

性病感染の恐れがある

病院
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー