不倫の結末はだいたい修羅場!反面教師にしたい3つのエピソード

不倫の結末はだいたい修羅場!反面教師にしたい3つのエピソード

3292
update

不倫で修羅場になったという話はよく聞きますが、何故不倫は減らないのでしょう。今回は、不倫の修羅場を3つ紹介します。不倫の修羅場を見て、不倫の誘惑に負けないように反面教師にしてくださいね。修羅場を避けるためにも、参考にしてみてくださいね。

3292
update

不倫の終わりは大体修羅場であることは、ほぼ共通のお話

喧嘩

不倫の終わりは大体修羅場だというのに、不倫の修羅場エピソードは後を絶ちません。

それどころか、増えている印象もあるくらいです。

そんな不倫、始まりは男からでも女からでも、待っているのは修羅場です。

大きな修羅場、小さな修羅場とあるものですが、大小関係なく修羅場は避けたいものであるため、今回は不倫の修羅場を見ながら、反面教師にしていきましょう。

不倫修羅場エピソード1.「遊びには丁度良い相手だよな」

ベッド

不倫で最後、修羅場になるのは大体が、不倫は男性側は遊びであることが多く、女性側は本気とも言えなくても、恋愛感情があるからこそです。

さっぱりした付き合い、こちらにもメリットがある不倫であったとしても、女性は体を重ねるごとに段々と情が沸いてくるものなので、これは仕方がないのかもしれません。

そんな時に、男性から「遊びには丁度いい相手」だと告げられたことでの不倫修羅場エピソードがこちらになります。

言い寄ってきた既婚者である会社の上司に、会社内での優遇を条件に不倫を承諾した女性でしたが、女性は自分にメリットがある関係だと割り切っていたにもかかわらず、それでも不倫相手の上司に情が沸いてしまっていました。

そんな時に上司の妻に不倫を勘づかれ、上司はそのことを不倫相手の女性に告げます。

そんなことを告げられた女性は、修羅場を起こしてまで不倫関係を続けたいなんて、そこまでの情は上司になかったので、別れましょうと女性から切り出したそうです。

ですが、何故かここで上司が引き止めます。

「まだ、関係を続けたい」そう引き止められた女性は、わずかにあった上司への情が一瞬大きくなりました。

「もしかして、割り切った関係だったけれど彼も私のこと、少しは本気だったのかしら」

そう思ったからです。

ですが上司は、そういうつもりで言ったわけではないことがその直後にわかったそうです。

まだ関係を続けたいと言った直後に、「口はかたいし、遊びには丁度いい相手だよな(笑)」と続けたそうなんです。

この上司がもし、ずるい男で女心を熟知した遊び人であったのなら危なかったですね。

「遊びには丁度いい相手」だと、遊び相手に言ってしまう正直っぷりに、正直この女性の心は修羅場になったことでしょうが、こんなバカな上司だったおかげで不倫をその場で清算できたそうですよ。

不倫修羅場エピソード2.「妻にバレたのはお前のせい」

男女
この記事が気に入ったらシェア♪
6 名無しさん
通報

男性が言ったセリフ全部ひどい。っていうかその前に、そんなこと言って良い立場じゃないよね。特に、妻にバレたのはお前のせいっていうセリフは口がポカーンと開きっぱなしになっちゃったよ。論点はそこじゃないでしょって話。

5 名無しさん
通報

三つのエピソード、全部本当に修羅場でした。結局最後には何も残らないし、良くない方にしか行かないんだということをエピソードから学び悟りました。不倫は誰かを傷つけてしまうことなので、幸せにはなれませんよね。

4 名無しさん
通報

妻にバレたのはお前のせいって、自分のしていることは棚に上げてますよね、完全に。そんなセリフを言えるような立場じゃないのに。不倫をしても良いことはないので、やはりしないのが無難ですね。でも、結婚していることを知らないまま付き合ってしまうこともあるかもしれないから、そこは怖いけど。

3 名無しさん
通報

好きになった相手がたまたま既婚者あるいは彼女持ちだっただけ。そんな言葉も聞きますが多くは裏切り行為の上で成り立つ関係、相手がどんなに甘い言葉で惑わせてきたとしても、結局は泥沼化して最悪な終わり方をするので、しないに越した事ないと思うな。

2 名無しさん
通報

奥さんや彼女にバレすに関係が続いているときは、適度なスリルもあってお互いに燃えやすく、甘い言葉に浮ついた気分になりがちです。でも、もう一歩彼を自分のものにしたいと近づいてバレたら、彼からあなたのせいだと非難されるのがオチですね。

1 名無しさん
通報

不倫の終わりというのは、あまり友人知人からも聞いたことがない。最近聞いたのは、子供ができてしまったという話で、彼は奥さんがいるので、別れて産むのかどうするのか話をしているという。。こういう話を聞くと大変だなと思う。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー