【初恋~】少女漫画と違うよ現実は!初めて知った恋愛の味は!?

【初恋~】少女漫画と違うよ現実は!初めて知った恋愛の味は!?

1753

少女漫画と現実は違うんだ!最近擦れちゃったな…なんて思うことありませんか?そんな時は、すこーし前に遡って、初恋をはじめ青春時代の恋のことを思い出してみるのもいいかもしれませんよ♩新鮮な気持ちになれるかも?

1753 |

青春といえば恋愛!

部活や勉強も青春の思い出ですが、一番はやっぱり恋愛ですよね。

夕日で染まった教室で二人きり、気になる彼に思いを告げると「ごめん」の一言…。

その日は声がかれる程泣いたな。

…なんて、甘酸っぱい思いでもあれば、甘い思い出や苦い思い出もあったりしますよね。

今回は“少女漫画と違うよ現実は!初めて知った恋愛の味は!?”という事で進めていきます。

みんなの初恋はいつ?

皆さんの初恋はいつごろですか?幼稚園・小学校・中学校・高校?

幼稚園の頃なんかは「○○ちゃん好き!」「あたしも○○くんの事好き!」こんな単純な気持ちのキャッチボールでしたが、成長が進むにつれて複雑になっていくんですよね…。

とある調査では、約4割の方が中高生時代に初恋を経験しているようです。

そもそも初恋ってどこからが初恋なんでしょうか?

人によってとらえ方が異なるようですが、初めて好きになった時の事を初恋と呼ぶ方、初めて両想いになれた時の事を初恋と呼ぶ方、初めて本気で好きになれた時の事を初恋と呼ぶ方、人によって十人十色です。

私は、初めて人を好きになった時の事を初恋だと思っています。

小学生の時、好きな人が出来ました。

しかしその初恋は実る事がありませんでした。

これがいわゆる「初恋実らない伝説」ですよね。

しかし、初恋が実らないのではなく、実らせる術を知らないので上手くいかないという事だと思うんですよね。

少女の恋への憧れは富士山クラス?!

女の子は小さい頃から少女漫画を読み、恋愛に対しての想像を常に膨らませていました。

少女漫画では、学校一カッコイイ男の子が、自分に対して意地悪してくるのは好意の裏返しだったりしますよね。

しかし、現実は意地悪してくるような男子なんていなく、学校一カッコイイ男子は可愛い女子と付き合っていたりするんですよね…。

現実はそんな偶然起こらないものなんですよ!

そんな憧れと恋愛に対しての妄想から、初恋は白馬の王子様って雰囲気の人を好きになってしまうのではないでしょうか?

私もその方式にしっかりはまり、学校でも有名なイケメンを好きなったんですよね…。

しかし、お互い顔と名前しか知らないような関係で恋愛関係が上手くいくはずもなく、見事玉砕!

20代半ばになれば、あの時にもっと別の方法があったのかな~?なんて考えますが、大半は良き思い出!青春の甘酸っぱい1ページですよね。

初めて知る恋と自分の黒い部分

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー