後悔しないために!上手な結婚式場の選び方と7つのポイントって?

らん

大好きな彼との結婚が決まったら、いよいよ結婚式場選び。素敵なところを選んで、一生の思い出に残る式を挙げたいものですよね。ですが、結婚式場は選び方を間違えると、大失敗になる恐れもあります。そこで、後悔しないための選び方のポイントを7つ、紹介していきます。

結婚式場選びは大変!


大好きな彼との結婚が決まるのは、とても嬉しいものですよね。

ですが、プロポーズをしたりされたりして、結婚が決まった瞬間は最高潮に良い気分になるものの、その後は結婚式のアレコレを決めていくのに苦労し、たくさんの喧嘩が勃発してしまうカップルは少なくありません。

そんな結婚が決まったカップルにとって、第一関門と言えるのが結婚式場選びでしょう。

多くの方にとって一生に1度の結婚式ですから、女性としては、「納得できる素敵な結婚式場を選びたい」と思うもの。

ですが、男性にはそこまでのこだわりが無かったりして、2人の意見を擦り合わせるのに苦労したりするものです。


ただ、結婚式場選びの時点で躓いてしまうと、式そのものも、イメージとは大きくかけ離れたものになってしまう恐れもあるので、やっぱり喧嘩をしながらでも、ここは「思い切りこだわるべき!」と言えるでしょう。

では、結婚式場選びで失敗しないためには、どんなポイントにこだわれば良いのか、選び方の7つのポイントをチェックしてみましょう。

その1:式のイメージを固めてから選ぼう!


結婚式場選びをする際には、闇雲に結婚式場に足を運ぶよりも、まずは自分たちが行いたい式のイメージを固めてから探すことが大切です。

例えば大勢の人を招待する結婚式と、ごく近しい親族だけで行う結婚式とでは、選ぶべき式場も違ってきますよね。


・カジュアルに身近な親類と友人だけで挙げたい・・・レストランウェディング

・オシャレな空間で自由度の高い式を挙げたい・・・ゲストハウス

・会社関係の方をたくさん招待するので、安心して任せられるところが良い・・・専門式場

・大勢招待する予定で、遠方からも来るので宿泊施設も用意したい・・・ホテルウェディング


結婚式場にも、いろいろなタイプがありますが、それぞれに得意とする式の規模や形態が違っています。

まずは彼とよく話し合い、「どんな人を、何人くらい招待するのか」というところから、イメージを練っていきましょう。

そのうえで、式に求めるイメージを考えていけば、イメージに合った結婚式場探しも行いやすくなるでしょう。

この時、彼と結婚式場探しで喧嘩を勃発させないために大切なのは、「彼の立場も考えること」です。


例えば彼が多くの会社関係者などを招待しなければならない職業であった場合、「私は身近な人だけでカジュアルなレストランウェディングがしたい!」とワガママを通そうとするのはやめましょう。

どうしても、仕事関係の方を招待することに抵抗があるのであれば、海外での挙式を検討するなどの方法もあります。

ですが、やはり彼の会社関係者は、今後の彼の仕事を支えてくれる大切な方々ですので、できるだけ招待し、きちんとおもてなしできる結婚式場選びをしておきたいものですね。

その2:立地もしっかりチェック!


イメージに合う結婚式場を絞ったところで、次に大切なのは、候補に挙がった結婚式場の立地です。

例えば新郎新婦となる2人の自宅から、かなり遠方にある結婚式場を選んでしまった場合、式の当日は移動時間も考慮して、朝からドタバタ状態になってしまうかもしれません。

どうしても自宅から遠方の立地にある結婚式場を選びたい場合は、ホテルウェディングなら、そのホテルに宿泊して、そのまま翌日の朝に式を挙げることも可能です。

それから、駅などが近くになく、交通の便が悪い立地の結婚式場を選んでしまった場合、遠方から招待した親類や友人が来てくれる時に、困らせてしまうかもしれません。


遠方から招待する予定の方がいる場合には、できるだけ駅などから近く、分かりやすい立地の結婚式場を選んでおいた方が安心ですね。

隠れ家的な立地にある静かな結婚式場も魅力的ですが、結婚式は自分のこと以上に、招待する方々のことを考えることが大切です。

できるだけ、「誰もが訪れやすい立地」にある結婚式場を選ぶように意識してみましょう。

その3:複数の結婚式場を下見しよう!


結婚式場選びをする時には、実際に結婚式場を訪れて、下見をすることが大切です。

多くの結婚式場では、「ブライダルフェア」というものが実施されていますので、そんな機会に訪れて、実際の式場をチェックしてみましょう。

この下見の際には、気になっている結婚式場1件だけを狙い撃ちするという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、たった1件を下見しただけでは、比較の対象となるものが無いため、良いのか悪いのか判断するのが難しいですよね。


そこで大切なのが、「複数の結婚式場を下見すること」です。

少なくとも3件の結婚式場を下見すれば、比較しながら、どこが最も優れていたのか、自分のイメージに合っていたのか判断することができますね。

もちろん、下見は必ず彼と2人で訪れ、お互いのイメージにしっくり来るところに決めることが大切です。

「1人で暴走して勝手に決めてきた」なんてことにならないように、ちょっとしたデートのつもりで、彼と納得いくまで、式場の下見を楽しみましょう。

その4:式場の雰囲気は必須のポイント!


いよいよ結婚式場を下見し始め、具体的に決めていく段階になったら、次に重視していきたいのが式場の雰囲気ですね。

外観からでも、英国風のオシャレな式場から、高級感溢れる雰囲気の式場など、いろいろなタイプがあります。


また、教会や披露宴会場などの雰囲気も、結婚式場によって大きく異なるものです。

どんな雰囲気の結婚式場を選ぶのが正解なのか、という点に関しては、特に答えはありません。

基本的には、自分たちが挙げたいと思っている結婚式のイメージに合った雰囲気のところを選ぶようにします。

「明るい雰囲気」「落ち着いた雰囲気」「オシャレな雰囲気」など、下見に訪れた際に感じ取った雰囲気を参考に、イメージに合う式場を厳選していきましょう。

その5:会場の広さはやっぱり大事!


結婚式を挙げ、同時に披露宴を行う場合、披露宴会場の広さは結婚式場選びの大きなポイントになります。

大人数の招待客を予定している結婚式の場合、アットホームな雰囲気を売りにしているゲストハウスやレストランでは、ちょっと厳しくなってしまうかもしれません。

もし無理やり招待客に入ってもらったとしても、狭くなってしまうと、演出が行いにくくなったり、ゲストを不快にしてしまう恐れもありますね。


逆に広すぎる会場に、少ない人数のゲストを招待した場合、寂しい雰囲気になってしまいます。

ゲストの人数とバランスのとれた広さの会場がある結婚式場を選ぶことが大切ですね。

下見の際には、スタッフに「披露宴会場の収容人数はどれくらいか?」ということを、しっかり確認しておきましょう。

もし招待する人数がはっきりしていない場合には、ホテルのように、様々な広さの会場を用意してあるところを選んでおけば安心です。

「最大で○人、最少で○人の宴会に対応できる会場がある」といったところであれば、ゲストの人数に合わせて、会場の調整が効きますね。

その6:スタッフの質を見極めよう!


結婚式場で重要なのは、式場そのものの雰囲気だけではありません。

せっかく結婚式場そのものが明るくオシャレな雰囲気でも、そこで働くスタッフがどんよりしていたり、プロ意識に欠けるような人であった場合、それだけで雰囲気が悪くなってしまうこともあるのです。

そこで、結婚式場の下見に訪れた際には、式場そのものだけでなく、スタッフの質もじっくり見極めておきましょう。


ただ式場内を見回るだけでなく、スタッフとアレコレ会話をしながら、質問もしたりしながら見学をすれば、スタッフの質をある程度、見極めることができますね。

ブライダルフェアの際には、自分たち以外にも結婚式の相談に訪れているカップルを見かけることもあるでしょう。

そんな他のカップルに接客しているスタッフも、軽くチェックしてみると、全体的なスタッフの質を見極めるのに役立ちます。


誰もが明るい雰囲気で、笑顔でしっかり接客をしており、質問にもスムーズに答えているような結婚式場は、スタッフの質が非常に良いと考えられますね。

結婚式は、あくまでも「人」が作り上げるものです。

結婚式場を予約したら、そこからは新郎新婦となるカップルと、式場のスタッフが共に、素敵な結婚式を作り上げるための打ち合わせを重ねていくことになります。

そんな重要な役割を担っている「スタッフの質」は、結婚式場選びで、特に徹底的に見極めておきたいポイントの1つと言えるのです。

その7:予算はやっぱり切実な問題・・・


結婚式場選びで、多くのカップルにとって最終関門とも言える問題になるのが、予算ですよね。

「一生に1度の結婚式だから、いくらでもお金をかけて、夢のような時間にしたい」と願う方も多いでしょう。

ですが、現実はなかなかそうはいきません。

使えるお金には限りがありますし、中には、「たった1日の式のために、何百万円もかけるよりも、これから始まる新婚生活の足しにした方が有意義」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、結婚式場選びの際には、あらかじめ「結婚式にかけられる金額」を定めておき、その予算に合う式場を探すことも重要になります。

式場の規模や、料理の質などによって、結婚式にかかる費用は大きく変わってきます。


例えばレストランのようなカジュアルな雰囲気で行われる結婚式は、料金もリーズナブルなことが多いですね。

ホテルのような高級な雰囲気の場所で行われる結婚式は、料金もそれなりに高くなるケースが多いと考えてください。

下見に訪れた結婚式場では、しっかり見積もりを取り、説明を受けておきましょう。

その上で、最も「コスパが良い」と感じるところを選ぶことが大切ですね。


結婚式場選びで大切なのは、あくまでも「最も安い」ではなく、「最もコスパが良い」ところを選ぶことです。

「この費用でこれだけのことができる」という、料金に見合った、あるいはそれ以上の価値が実感できる式場を厳選しましょう。

また、式場の中には見積もりに記載されない別料金のものがあることもありますので、しっかり質問して、納得できる形の見積もりを取ることが大切です。

招待する人数や料理の質によっても、料金は大きく変動しますので、事前に予算をしっかり組み立てて、スタッフにも「この予算内にしっかり納まるようにできるか?」ということを確認しておくことが大切です。

結婚式場選びを楽しもう!

結婚式場選びでは、結婚を控えたデリケートな時期にあるカップルにとっては、修羅場と言っても過言ではないピリピリムードになることも少なくないものです。

ですが、見方を変えれば、普段はなかなか足を踏み入れる機会がない様々な結婚式をカップルで訪れ、デート気分で満喫したり、「こんな式場も素敵だね~」と夢を見たりするのは、意外と楽しいものでもあります。

そんな結婚式場選びを楽しめるかどうかは、事前の話し合いにかかっています。


何も話し合わずに、闇雲に式場を見に行くだけでは、お互いに不満が出てきやすいものなのです。

事前に、どんな式にしたいのか、どれだけの人を招待したいのか、予算はどのくらいにすべきなのか・・・

そういった結婚式の「軸」となる部分をしっかり話し合って、結婚式場の下見デートに訪れれば、意外とスムーズで、2人が同じ視線から式場を観察することができるでしょう。

せっかくの結婚式場選び、心の底から楽しめるものになるように、彼とじっくり、話し合いの機会を持ちたいですね。

「後悔しないために!上手な結婚式場の選び方と7つのポイントって?」を読んだ人に人気の記事
「もう待てない!」それなら彼に逆プロポーズ!心に響く言葉とは?女性から男性に対して、逆プロポーズにチャレンジする場合、どんな言葉が彼の心に響くのか、悩んでしまうところですよね。そこで、そんな逆プロポーズを成功させるための、おすすめの「グッとくる言葉」を紹介していきます。
幸せになれる?後悔する?好きじゃない人との妥協婚について考える結婚への焦りから、好きじゃない人と結婚…いわゆる妥協婚ですね。これって本当に幸せになれますか?結婚に迷っている人は読む価値アリ☆まだ結婚は先!という人ももちろん必見です!妥協婚で後悔しない為に、是非チェックです!
結婚するならどの職業の男がいい?結婚したい第一位は公務員だった世の中には色々な職業があり、特殊な職業に就いている人も沢山いると思いますが、女性が「結婚したい」と思う職業No.1は公務員なんです。何故公務員が結婚したいと言われる職業なのか?今回は、結婚したい職業No.1が公務員の理由について紹介していきたいと思います。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • オーダーできる物が人気みたい!おすすめの結婚指輪ブランド3選

      一生に一度の買い物となる結婚指輪は男女での意見の食い違いなどもあり、決めるまでに時間がかかってしまうようです。今回はそんな結婚指輪の人気ブランドについてまとめてみました。なぜこのブランドは人気なのか、どのような理由があって人気なのかという部分も掘り下げてみました。

    • 両親への挨拶や結婚式場決め!彼にプロポーズされた後のTO DO

      付き合っている彼からプロポーズされたら嬉しいですよね!念願だった結婚ができるわけですから♪ただ、いつまでも浮かれている場合ではありません!彼からプロポーズされたら結婚後のことなど、やるべきことがたくさんあるんです。今回は彼からプロポーズされたらやるべきことを紹介しますね♪

    • 遠距離恋愛してるけど彼と結婚したい!それならやるべき5つのこと

      遠距離恋愛をしてるカップルは、結婚を視野にいれてますか?遠距離恋愛からの結婚はとても難しそうですよね!そんな遠距離恋愛からの結婚を考えてるカップルには、やるべきことがあるんです♪そこで今回は遠距離恋愛からの結婚を考える上で、やるべきことを紹介しますね!