結納当日はスムーズに進めたい!結納品として準備したいものとは?

らん

彼と結婚の準備を進める中で、多くの方が悩まされるのが、結納品など結納に関する準備ですよね。そこで、そんな結納品にはどんな意味があり、何を準備すれば良いのか、また結納が終わった後にはどうすれば良いのか、知っておくと役立つ情報を紹介していきます。

いよいよ結納!


彼との結婚の話が進んでいく中で、その1つのステップとして結納を行う方も少なくないですよね。

そして、そんな結納の際には「結納品」と言われる物を準備することになります。

基本的には、結納は一生に1度しか経験しないことですから、結納品などの準備についても、「一体何を用意するの!?」と悩んでしまうことも多いものです。

そこで、そんな結納の際に準備すべき結納品について、それぞれの結納品が持つ意味も併せて知っておきましょう。

結納品とは!?


そもそも結納品とは一体何なのか、どんな意味を持っているのか知っておくことで、結納に対する思い入れも変わってきますよね。

まず、結納品には、それぞれに長寿や円満、子宝といった意味が込められており、簡単に言えば、これから結婚する2人が末永く幸せでいられるようにという願いが込められたものと言えますね。

「結納」というのは、両家が親類になり結ばれることをお祝いする儀式です。

そして、その両家の結びつきを公に約束するための1つの「形」として、結納品が納められるのです。

準備すべき結納品とその意味


では、具体的にはどのような結納品を準備すれば良いのか、また、同時にそれぞれの結納品が意味するところは何なのか、チェックしてみましょう。


・熨斗・・・「のしあわび」とも言われ、不老長寿の象徴であり、贈り物に対する祝意が込められる。

・寿恵廣・・・純白の扇子で、純粋無垢という意味が込められ、同時に末永く一家が栄えることを願った贈り物。

・家内喜多留・・・元々は柳の樽に祝い酒を入れたもの。現代では「酒料」という名目の現金。

・小袖料・・・結納金のこと。50万円、100万円などキリの良い金額が包まれることが多い。

・松魚料・・・食事代のこと。

・結美和・・・婚約指輪のこと。

・高砂・・・尉・姥の人形。共に白髪になるまで夫婦仲良くという意味が込められる。

・友白髪・・・長寿や、白髪になるまで幸せにという意味が込められる。

・角樽・・・お酒を入れるための樽。

・目録・・・結納品の内容について記載されたもの。

・子生婦・・・昆布。子宝に恵まれるようにという願いが込められる。

・寿留女・・・するめのこと。末長く幸せな過程であるように、味がある仲良し夫婦であるようにという思いが込められる。

・勝男武士・・・かつおぶしのこと。たくましい男性の象徴。


昔から一般的に用いられてきた結納品は、以上のものになります。

それぞれに縁起の良い漢字があてられ、深い意味が込められていることが分かりますね。

昔は実際にお酒や魚、着物の小袖などが贈られていたのですが、現代では、これらはお金で納めるのが一般的になっています。


また、結納品として準備すべき物は、地域によっても異なります。

例えば関東では、金包や長熨斗などの9品目の結納品が用意されますが、関西では熨斗、末広などの5品目の結納品を揃えるのが一般的です。

何品目のどのような結納品を準備すべきか、事前に両家で話し合っておくことが大切ですね。


ただし、結納品の数は必ず奇数で、割れないようにすることとなっています。

それから、現代の結納では、結納品の1つに男性側から、「結婚記念品」が用意される場合がほとんどです。

一般的には、婚約指輪ですね。

他にもネックレス、時計などを結婚記念品として用意するケースもあります。

女性の側では、男性から受け取った結納品、婚約記念品に対して「お返し」をすることになります。

結納返しと言われ、結納金の半額をお返ししたり、腕時計などの品物を贈ったりします。

この結納返しの方法についても、地域差がありますので、事前に確認しておきましょう。


また、女性側でも結納品の1つとして、結婚記念品として指輪や腕時計、スーツなどの贈り物を用意するケースも多いですね。

関東では、結納品を両家で取り交わすという考え方が一般的ですが、関西では結納品は、新郎から新婦に対して納められるという考え方が多くなっています。

地域ごとに違いが大きい儀式ですので、両家でしっかり相談して、結納品の内容なども決めていくことが大切です。

結納品の準備の仕方は?


結納品として必要なものは、ある程度把握できたけれど、「どこで買えば良いの?」と悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。

これについては、ブライダルサロンや百貨店でも購入することが可能です。

また、結納品専門店などもありますので、「何を用意すれば良いのか分からない!」という場合には、そんな専門店で相談しながら揃えてみるのも良いでしょう。

結納品として準備すべきものが明確で、特に不安や疑問が無いというのであれば、ネットで購入することも可能です。


それから、どうしても結納品の準備が難しいという場合には、ホテルやレストランなどで「結納パック」というものが設けられていることがあります。

この結納パックを利用すれば、必要な結納なども全て準備してもらえますし、難しい飾り付けなどもプロが行ってくれるので、安心感がありますね。

用意すべき結納品については、正式な結納にするか、略式結納にするかでも変わってきます。

略式結納の場合は用意すべき結納品も最低限のものだけなので、ネットでも購入しやすくなっています。

略式結納用の結納品のセットなども販売されており、1~2万円程度で購入することができるのが嬉しいですね。

結納品にかかる費用は?


結婚するとなると、結婚式にも、新生活にも、それなりにお金がかかってきます。

そんなお金のかかる結婚に向けて、少しでも貯金を増やしたいカップルにとって、結納品の準備にかかる費用というのも、なかなか気になる問題ですよね。

この結納品にかかる費用というのは、まさにピンキリで、ネットで購入できる略式結納用のセットなどでは、安ければ1万円程度で用意できるものもあります。

ですが、特に関西などでは結納は派手で豪華に行う傾向が強いため、何万円もの費用をかけて、結納品を用意することもあります。


全国的な結納品にかける費用としては、17万円程度となっています。

1万円で揃えられることもあれば、17万円もかかってしまうこともある結納品。

準備をする際には、事前に予算を立てて、両家の親族ともよく話し合いながら、どの程度のものを用意するか検討していくことが大切ですね。

結納の際には、結納品以外にも、結納金や結婚記念品などにもお金がかかってきます。

どこに、どれだけの金額を使うか、よく考えてながら準備を進めましょう。


ちなみに、この結納品にかかる費用についてですが、結婚するカップルが2人で折半して用意するケースが多いようです。

結婚する当事者2人で協力し合って、結納品にかかる費用を負担するというのは、当然のことと言えるでしょう。

ただし、中には「彼が全額負担した」「彼の両親が負担してくれた」といったケースもあります。

さらに、両家で折半するというケースもありますので、誰がどのくらいの費用を負担するのかも、きちんと話し合っておくことが大切です。


各家庭で方針も違いますし、地域によってしきたりが違うこともあります。

カップル2人で結納品の費用を負担しようと考えている場合でも、それで良いかどうか、一応、両親などにも了解を得ておくに越したことはないでしょう。

使い終わった結納品は?


結納に向けて、しっかり結納品を準備し、いよいよ迎えた結納当日。

用意した結納品をきちんと並べて、結納が済んだら、ホッとしますね。

ですが、その後に気になってくるのが、「結納後の結納品はどうすれば良いのか?」という問題です。


正式な結納を行った場合、地域によっては、かなりの品物を用意することになるので、「そのまま記念に置いておく」というのは、ちょっと邪魔な気がしてしまいますよね。

では、使い終わった後の結納品は処分しても良いものなのかどうか、という点に関してですが、これは処分することには問題ありません。

ただし、「結納の儀式が終わったらさっさと捨ててしまう」というのは控えましょう。

結納品というのは、結婚式が終わるまで飾っておくものなのです。

飾る場所としては、床の間などが一般的で、結納品が最も映える場所でもありますね。

ですが、中には結納から結婚式まで、まだまだ長い期間があるというケースもあるでしょう。

何カ月もの間、結納品を飾りっぱなしにしておくのは、埃もかぶりますし、困りものですよね。


そこで、そのような場合には結納が終了した後に結納品を1度片付けます。

そして、結婚式の日取りが近づいたころに飾りなおしましょう。

また、結納品の中には昆布やするめといった食品も含まれています。

これらの食品は、基本的には日持ちするものではありますが、結婚式までの長い期間の間に、品質が落ちてしまうのはもったいないですね。

いただいた相手に対しても、失礼になってしまいます。

こういった食品に関しては、中身は早々に取り出して、普通の食品同様に食べてしまってOKです。

中身を取りだしたら、水引飾りだけを、他の結納品と共に飾っておくようにしましょう。


結納の際、現代では「酒料」という形で納められることが多い「お酒」ですが、中には本物のお酒を贈るケースもあります。

その場合には、お酒は飾っておく必要はありません。

結納の際、食事の席で飲んでしまっても良いですし、早めに飲むようにしましょう。

結婚式が終わった後の結納品については、処分するものと、置いておくべきものとがあります。


・一般的に処分されるもの

熨斗・金法包・水引・白木台などは処分する方が多いですね。

特に白木台については、結納専用に作られたものですので、再利用の道はほぼ「無い」と考えましょう。

これらの処分の方法についてですが、神社、お寺などに依頼して処分してもらうのが良いでしょう。

神社やお寺で焼いてもらえない場合にも、お清めが受けられるケースもあります。

お清めを受けた後は、持ち帰ってゴミとして処分してもかまいません。

神社やお寺でのお清めを受けるのも難しい場合には、ご自身で塩を振ったり、白い紙や布に包むなどして、感謝の気持ちを持って、ゴミとして処分するという方法もあります。


また、中には処分すべき結納品を、兄弟で使いまわす風習がある地域もあります。

これは福分けと呼ばれる風習ですが、行われるのはごく一部の地域です。

福分けの風習がない場合は、基本的には結納品は使いまわしはされませんので、使わないものは処分しておきましょう。


・置いておくべきもの

結納品の中には、処分せずに置いておくべきものもあります。

例えば高砂人形については、大切な縁起物ですので、きちんとケースに入れ、家に飾っておきましょう。

それから末広という白い扇子についても、お祝いごとの席で身に着け、使用することができるので、処分せずに置いておきます。

結納の際に使用した風呂敷、結納箱、塗りお盆なども、いろいろな使い道があるので、置いておくと便利です。

結納箱は衣装ケースのように使用することもできますし、塗りお盆は脚を外せば、お盆として活用できます。


さらに、目録についても、記念として置いておくべきでしょう。

どんな結納品をいただいたのか、思い出すことができるので、将来、ご自身の子供が結納を行う際にも役立つかもしれませんね。

友白髪については、処分する方もいますが、記念に置いておく方もいます。

お札などを家の柱に縛る際に使用できますので、処分せずに持っておいても、役立つ時が来るかもしれません。


・リメイクできるもの

結納品は、処分するか置いておくか、という2択しかないわけではありません。

中には、結納品としていただいた物を上手にリメイクし、再利用する方もいらっしゃいます。

例えば水引は、羽子板を作る際に使用できます。

結納品専門店で、リメイクサービスをしているところがありますので、「処分するのは気が引ける」という場合には、リメイクを依頼してみると良いでしょう。

素敵な結納の思い出を!

結納品の準備の方法や、その後の使い道など、よく分からないモヤモヤしたところがあると、せっかくの儀式を楽しむこともできませんよね。

結納や、この時に贈る結納品にどんな意味があるのか、何をどこで準備すれば良いのか、使用後にはどうすれば良いのか・・・

疑問や不安をスッキリ解消して、素敵な結納の思い出が残せるように、備えておきましょう。

「結納当日はスムーズに進めたい!結納品として準備したいものとは?」を読んだ人に人気の記事
今の彼氏と結婚したいと思えたら!彼氏をその気にさせる3つの方法結婚相応の年齢に差し掛かり、そろそろ彼氏と結婚したいと思っていませんか?でも彼氏がなかなかその気にならず、困っているのが目に浮かびます。なので今回は、彼氏と結婚したいと思うあなたに、彼氏をその気にさせる3つの方法をお伝えします。
婚約はまだ早いかも?!チェックしたい彼氏の6つのポイントとは?プロポーズを受けると、喜んで婚約したくなってしまいますよね!ですが、結婚は一生を左右するとても大切なもの。その場の気持ちの盛りあがりだけで決めてしまうのは良くありません。そこで、婚約する前に、チェックしておきたい彼氏の6つのポイントを紹介していきます。
本当にその人で大丈夫!?結婚相手に求めるべき8つの条件って?彼氏との関係がうまくいけば、ゆくゆくは結婚・・・なんて考えることもあるでしょう。ですが、やっぱり一生その人と添い遂げられるかとなると、いろいろ考えてしまいますよね。そこで、まずは一般的な「結婚相手に求めるべき条件」に、彼氏が当てはまるかどうかをチェックしてみましょう。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • オーダーできる物が人気みたい!おすすめの結婚指輪ブランド3選

      一生に一度の買い物となる結婚指輪は男女での意見の食い違いなどもあり、決めるまでに時間がかかってしまうようです。今回はそんな結婚指輪の人気ブランドについてまとめてみました。なぜこのブランドは人気なのか、どのような理由があって人気なのかという部分も掘り下げてみました。

    • 両親への挨拶や結婚式場決め!彼にプロポーズされた後のTO DO

      付き合っている彼からプロポーズされたら嬉しいですよね!念願だった結婚ができるわけですから♪ただ、いつまでも浮かれている場合ではありません!彼からプロポーズされたら結婚後のことなど、やるべきことがたくさんあるんです。今回は彼からプロポーズされたらやるべきことを紹介しますね♪