結婚前の結納ってどんな事をすればいいの?そもそもどんな意味が?

結婚前の結納ってどんな事をすればいいの?そもそもどんな意味が?

1642

結婚が決まって結納を交わすことになった時、何をどうしたらいいのか分からないことってあると思います。結納を交わす時の流れをしっかり理解しておかないと、結婚がダメになるかもしれません。そうならないようにするためにも、結納を交わす時の流れについて紹介します。

1642 |

結納ってどうするの?

プレゼント

結納は、婚約している時に「結婚します」ということを新郎新婦、そして親族に宣言するようなものです。

なので、婚約しないカップルなどは結納を交わさないこともありますし、結納は必ずしなければいけないことではないので婚約しても省略してしまうこともあります。

そのため自分が結納をする時に周りに聞いても、結納についての情報を集められないなんて人も増えてきました。

結納で自分が失敗してしまうと、相手側から「結婚はやめよう」なんて言われてしまうかもしれません。

いくら自分が初めてやることだから分からないことがあるとはいっても、結納の流れについてある程度は知っておかなければいけませんよね。

そこで今回は、結納の流れについて紹介します。

まずは日時と場所を決める

手帳

結納を交わすと決めた時にまずしなければいけないことは、結納を交わす日程と場所決めです。

結納の日は必ずこの日でなければいけないという決まりはありませんが、入籍する前日や結婚式の後にする人はいません。

大体入籍や結婚式の半年ほど前で、場所はホテルや旅館などで行うことが多いです。

ホテルや旅館だと結納プランというものがあったりするので、仲人を決めたりすることも結納前や後の支度、片付けの手間も省けるのでおすすめです。

日程も場所も新郎新婦の都合だけではなく、親族の都合に合わせなければいけません。

結納は新郎新婦だけでするものではないので、親族のことも考えて予定を立てるようにしましょう。

結納前に用意するべきものとは

女性
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

結婚準備のおすすめ! おすすめコンテンツをお届け!
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー