新郎家から新婦家に贈られる結納。地域別にしきたりが違うらしい…

まみ

結納と言っても、地域によって作法が違うのをご存知ですか?予定のあるなしに関わらず、知っておいて損はないはずです。結納のしきたりなども紹介しているので、是非今後の参考にしてみてください。しきたりの意味などは、話のネタにもなります。

結納とは


結納とは新郎新婦、そしてその両家の両親を交えた「結婚します」と正式に約束をするための儀式です。

一般的に始まったのは江戸時代末期から明治ごろと言われていて、古いような浅いような文化になります。

主に新郎家から新婦家へ結納し、新婦家から新郎家へ結納返しするのが一般的な結納です。

地域によって結納のスタイルが変わる?!


そんな結納ですが、実は地域によって結納スタイルが変わるんです!

同地域同士の結婚じゃない限り、お互いの結納スタイルが違うことで両家に戸惑いが生まれる可能性があるので事前にどういった結納スタイルがあるのかを見ておきましょう。

関東の結納


関東の結納は、関西や九州と比べて質素です。

これは関東式が武家の流れを汲んでいるからと言われています。

関東式ではなんと、男女の立場が同等なのも、他の地域とは違う結納スタイルの特徴でしょう。

そのため、結納もお互いの結納品をその場で交換します。


関東式の結納は主に、関東、北海道、東北地方、長野県、静岡県(浜松市より東が関東式)、新潟県で行われているようですね。

関東式の結納は、結納品を1つの献上台にまとめておくのも特徴的です。

「幸せが幾重にも重なりますように」との願いを込め、結納品を重ねておきます。

関東式を見てみると、結納は「結納を贈る」のではなく「結納を交わす」という考え方であるため、結納を贈るという結納を行う地域と関東の人の結納である場合は、関東式にするのかどうかをまず決める必要があると言えます。

関西の結納


関西の結納は豪華だと言われています。

これは公家の流れを関西式がくんでいるからでしょう。

関西式の結納は、新郎側が新婦側に納品を贈ります。

そして新婦側は新郎側に「受書」を渡す習わしです。

関西式と違って、新婦側は結納品を贈ることはありませんが、後日に受け取った金額から1割か2割の金額を返すという方法をとります。


関西式の結納は、東海地方、中国地方、四国地方、石川県、富山県、福井県です。

関西式は結納品を、1品につき1台並べます。

関西はすべてを1台に並べましたが、関西では1品に1台と、確かに豪華ですね。

関西式の結納が何故、新郎側から新婦側に贈る片道型であるかというと関西ではその昔、男性側の家が格上というしきたりがあったためです。

そのため、もしも関西式の地域の人と関東式の地域の人が結婚となる場合、結納については事前に話し合わなければなりません。

折衷案を出してうまくまとまればいいのですが、お互いどう譲ればいいかわからなくなって進まないということになっては困るので、そういった場合はプロにお任せしてしまうのも一つの手でしょう。

九州の結納


九州の結納は関西式に似ていますが、関西よりもより豪華だと言われています。

結納金や結納の進め方も少し違っていて「清酒」「お茶」「真鯛」などが加わるなどするのが、九州の結納です。

九州式も関西式と同じように、新郎側が全て用意します。

また、九州式では結納後に近隣住民、親族をお招きしてお茶開きなる結納お披露目会が行われる風習があります。

結納を大々的に行うのは、九州の結納であるというわけですね。


九州では結納返しのような風習はもともとありませんでしたが、最近では引出結納と言う結納返しができました。

関西のように、結納金から1、2割返すというものではなく、時計やスーツなどの品物を贈る場合が多いようですね。

結納当日に引出結納が行われるのが常だそうです。

九州式の結納は一番やることが多いとも言われているため、不備がないよう、両家でしっかり話し合うことが結納を成功させるためのコツです。

縁起を担いだ結納のしきたり1.お茶は桜湯、昆布茶


地域によって違う結納ですが、縁起を担いだ結納のしきたりというのもあるため、いくつか紹介します。

まず1つめが、お茶は桜湯や昆布茶を出すというものです。

何故、桜湯や昆布茶なのかというと、桜茶には花開くという連想、昆布茶にはよろこぶという連想をさせるという意味があり、こういった意味合いが縁起を担ぐと言われています。

おやじギャグのようなものですが、縁起を担ぐものは大体にしておやじギャグが多めですね。


逆にNGと言われているのは煎茶です。

煎茶を思い浮かべてみてもらうとわかる通り、煎茶は濁っていますよね。

そのため、煎茶を結納に出すのは「お茶を濁す」だったり「茶々を入れる」といった意味合いを持たせてしまうことになるため、タブーとされているのです。

煎茶のほうが桜茶や昆布茶よりも好きであっても、結納が終わるまでは我慢しておきましょう。

縁起を担いだ結納のしきたり2.風呂敷に結び目は厳禁


結納の面白いしきたりに、風呂敷に結び目は厳禁というものがあります。

これはどういうことなのかというと、風呂敷で結納品などを包むときに、結び目を作らずに包まなくてはいけないということなのです。

結び目を作ってしまうと、ほどかなければなりません。

このほどくという行為が縁起的にはNGだそうで、ほどくが別れを連想させるとされているため結納での風呂敷の結び目は厳禁なのだとか。


ただしかた結びであれば中々ほどけないため、良いとされることもあります。

けれどもかた結びであると、出さなくてはいけないときに出せないといったアクシデントに見舞われる可能性もあるため、結納の現場においては、風呂敷には結び目を作らない方がスムーズな動作ができることでしょう。

縁起を担いだ結納のしきたり3.割りばしは使わない


結納では、縁起の面で割りばしを使ってはいけないというしきたりがあります。

これも、お茶や風呂敷のように、割りばしを割るということが縁起が良くないとされているため、結納の現場ではNGとされています。

割りばしがダメならばどういった箸が良いのかというと、結納ではお正月で使うような慶事用の箸を使うようにするのです。

割りばしのように使い捨てではありますが、丸く整えられて包みもきれいなものが多い慶事用の箸であるため、見た目にも品があります。

箸入れは可愛いものから雅やかなものまであるため、色々なものを見てみるのも良いかもしれませんね。

お茶と同じように、桜柄のものなど趣があっておすすめです。

しきたりや地域によって違いがある結納は面白い!

もしも結納をする場合は、こういったしきたりや地域によっての違いなどに目を向けてみるのも面白いですね。

地域が違い、結納の作法が違う場合は、新郎家のある地域に合わせるようですが今では、やりやすいほうに合わせるといったやり方をする場合もあるようです。

結納は簡略化され、行わないところも多くなってきてはいますが、年々離婚率も高くなってきている日本なので結納が見直されてきているそうですよ。

もしかしたら、結婚するとなった時に結納なんて考えていなくても彼から結納を提案してくるかもしれませんね。

そんな時にパッとイメージできると話もスムーズになって良いかもしれません。


結納が廃れつつある中で、結納の作法など知っていると見直されるきっかけにもなるやもしれませんし、知っていて損はないことと思います。

ただ、きっちりしたものを行おうとすると、色々なことを頑張らなくてはいけなくなってしまい疲れすぎてしまうこともあるため、あくまでできることをやることが大事かもしれませんね。

良い結納を行うためにも、ちょっとでいいので頭に入れておくようにしましょう。

参考になれば幸いに思います。

「新郎家から新婦家に贈られる結納。地域別にしきたりが違うらしい…」を読んだ人に人気の記事
「また他の女とLINEしてる!」彼氏に嫉妬しない方法を知りたい彼氏が自分より、友達を優先している。同僚の女性からよく連絡がくる。彼氏の事は信頼しているのですが、なんかモヤモヤしますよね。しかし、その嫉妬を口に出して伝えるのは、自分がダメな女の気がしてなかなかできませんよね。嫉妬しない方法はないかもしれませんが、嫉妬しないように心がける方法ならあるはず!
生涯未婚の可能性も?!結婚したい女性が知っておくべき3つの事いつの時代も、結婚したいと思っている女性は沢山います。でも結婚したいと思っていても、現実から目を背けてばかりいると結婚することは出来ないかもしれません。そこで今回は、結婚したいと思っている女性に、知っておいてほしいことについて紹介したいと思います。
好きな人に嫌われたかも!そんな時はこの対処法3つで挽回しようちょっとしたことがキッカケで「好きな人に嫌われたかも」と思ってしまうことってありますよね。思い過ごしならいいのですが、本当に嫌われてしまっている時、あなたならどうしますか?嫌われたからといって諦めるのではなく、挽回できるように行動してみませんか?対処法をご紹介します!

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 結婚前の結納ってどんな事をすればいいの?そもそもどんな意味が?

      結婚が決まって結納を交わすことになった時、何をどうしたらいいのか分からないことってあると思います。結納を交わす時の流れをしっかり理解しておかないと、結婚がダメになるかもしれません。そうならないようにするためにも、結納を交わす時の流れについて紹介します。

    • 「いつもダメ男に引っかかってばかり…」恋愛運を上げる方法3つ!

      いつも出会う男性に恵まれなかったり、恋愛運が悪いと悩んでいる女性は数多くいると思います。しかし、恋愛運というのは行動から変えることができます。恋愛運が上がれば今までとは違った素敵な恋愛をすることができます。本記事で紹介することをぜひ実践して見て欲しいです!恋愛運を上げて素敵…

    • 2人きりの空間こそがキスのベストタイミング!おすすめシチュ4選

      彼氏との初めてのキスは、どのようなタイミングですれば良いのかわからないという方は多いと思います。このタイミングでキスしたらおかしいのかな…と思ってしまう方も少なくないでしょう。今回はそんな方々に向けて、キスに適したタイミングをいくつか紹介していきます!