告白のタイミングは「雨」詐欺師も使う雨の法則、その理由とは?

告白のタイミングは「雨」詐欺師も使う雨の法則、その理由とは?

3368
update

告白のベストタイミングは雨であることをご存知ですか?結婚詐欺師も使う雨のテクニックを紹介します。何故雨の日が告白のベストタイミングなのか、その理由や注意点も紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね。

3368
update

告白のタイミングは人によって違うけれど

手紙

告白のタイミングは人によって違いますが、でもより告白が成功するタイミングを見計らうことができるのなら、そんな最高な告白のタイミングで告白をして成功させたいですよね。

ダメで元々で告白する人もいるかもしれません。

でも、それだって告白が成功した方が嬉しくないですか?

ダメで元々で告白するのだとしても、「もしかしたら成功するかも」と思っている人の方が多いはずです。

それならより告白が成功しやすいタイミングを知っておいた方が良いですよね。

告白のタイミングによっては、告白が成功するものであっても失敗することもあるので、告白のタイミングと言うのはとても大切なものなのです。

というわけで相手が忙しくない、余裕がない時期を避けていることを前提で、気候による告白のベストタイミングが「雨」である話を今回お話したいと思います。

何故、告白のタイミングが雨の日であるのか、詐欺師も使う雨の法則なども交えて紹介するので、是非参考にしてみてくださいね。

過去に告白されて振った相手の男性が気になる~今更すぎてダメ? | KOIMEMO

過去に告白されたけれど、そのときは振ってしまった…そんな相手が後になって気になりだすことってありますよね。恋はタイミングというだけに、今更感は大きい!実際に告白を断った相手にアプローチするのってアリなのでしょうか?一度は振ってしまった男性がどんな反応をするのかを紹介!

https://koimemo.com/article/2848

告白のタイミングは「雨」!雨だと告白が成功しやすい理由とは?

雨

告白のベストタイミングが雨であるというのは、何も根拠がなく言っているわけではありません。

雨の日というのは気圧も低い時ですよね。

人の体と言うのは、気圧が低くなると交感神経が働いてドキドキしやすくなります。

このドキドキが「吊り橋効果」を誘発するというのです。

どういうことかというと、脳はドキドキしている原因が何かまでは判断できないので、ドキドキしやすい雨の時に誰かと一緒に居ると何が原因のドキドキかまでは突き止められないのです。

なので、雨の日の告白は相手に気があってドキドキしているのか、雨だからドキドキしているのか判断がつかないため、雨の日の告白が良いとされているのです。

そして雨の日はこのほかにも、相手の好意を受け入れやすいという利点があります。

雨の日って、晴れの日よりも移動などが大変ですし面倒ですよね。

なので、雨の日に来てくれると「自分のためにここまでしてくれるのか」と相手は嬉しく思うわけです。

人は、好意を受け止めると返したくなる「好意の返報性」という心理もあるので、好意を一度受け止めてもらえたら返してもらいやすくなるという利点もあります。

この他にも雨の日は寂しくなりやすいので、人恋しいタイプの人は雨の日に告白されると受け入れやすくなりますし、雨は不快だという人が多いため、その不快感を一緒に共有することで不快体験の共有ができ、不快体験の共有ができたことにより親近感が沸くため、雨は恋愛において良い作用をもたらすのです。

これらを踏まえて、告白のベストタイミングは雨の日であることがわかったかと思いますが、いかがでしょうか。

実はこの告白のタイミングが雨であるという法則を、結婚詐欺師も使っていたりします。

雨は相手に受け入れられやすい天候であるため、相手に何かを要求するときの良いタイミングなんですね。

詐欺師というのは色々なことを計算して相手を騙すプロであるため、こういった天候も計算に入れて利用するのでしょう。

とはいえ、詐欺師の手口を知れたからと言って、やらたに乱用しては告白のベストタイミングが雨であったとしても、失敗する可能性ばかりが上がっていってしまいます。

そうならないためにも、雨に告白するときに気を付けたいことを紹介します。

次のページ気をつける点
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

雨の告白ってロマンチックな感じもするけど、雨がキライだから、その日に気持ちを伝えるのは私はしないかなー どうしてもその日じゃなきゃって時だったらいいかもだけどね。雨だからうまくいくとかいかないとかはないと思ってる。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー