友達と比較するのは無意味!SNSを楽しく利用する為の4つのコツ

友達と比較するのは無意味!SNSを楽しく利用する為の4つのコツ

2077

SNSを利用するのは楽しいけど、充実した生活を送る友達の投稿を見ると憂鬱になる…という人は多いのではないでしょうか。今回は友達と自分を比較せずに、SNSを楽しく利用するコツについて紹介したいと思います。

2077 |

SNSを見て憂鬱に!?

 

ここ数年でスマホの普及率は、グンと伸びましたよね。

そして若い世代を中心にTwwiter、Facebook、InstagramなどのSNSを利用している人たちも当たり前になっていますね。

自分の知りたい情報はすぐに知ることが出来るし、友達やいいなと思う異性と連絡を取ることも簡単にできるSNSですが、なんといっても自分の日常を投稿したり、友達の日常を垣間見ることができますよね。

しかし、友達のSNSを見て、憂鬱になってしまうという人が多いんです。

それは、自分と友達の日常を比較して見てしまっているからなんですね。

自分は毎日平凡な生活を送っているのに、友達は毎日遊んで楽しそう、私は彼氏いないけど友達は彼氏とラブラブで羨ましい…。

SNSを見てそんな風に感じてしまうんですよね。

そこで今回は、自分と友達を比較せずに楽しくSNSを利用するコツを紹介していきます!

投稿=自慢と解釈しない

 

SNSを利用していると、友達の投稿がまるで自慢のように感じることは誰にでもあることだと思います。

投稿内容のほとんどが、嬉しい報告だったり、楽しかったことだったりと他人から見て羨ましいと感じるものが多いですよね。

たまの投稿ならまだしも、頻繁に友達の嬉しいことや楽しいことの報告を見ていると「これって自慢…?」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし大半の人の目的は自慢ではないことを理解しましょう。

多くの人はSNSを利用することで、離れている人も含め関係者に「嬉しいことの報告」をしたり、「楽しかったこと」を日記のように保存することを一番の目的としています。

美味しいお店や気になるアイテムなどの情報を友達と共有したいという思いの人も多いですよね。

結果的に自慢に思えてしまうのは、あなた自身の解釈の問題です。

全てにコメントを残す必要はない

 

友達がSNSに投稿をしたら、必ずコメントを残すという人は少なくありません。

コメントをしなければ、という義務のような形でコメントを残している人ばかりです。

全てにコメントをすることは、手間であるだけでなく、友達に配慮したコメントを考えたりと想像以上に面倒なことです。

中には、心にもないコメントを残すことにストレスを感じている人もいるのではないでしょうか。

真面目な性格の人は、コメントはしっかりしなければと思いがちですが、全ての投稿にコメントを残す必要はないのです。

とくにコメントすることがなければボタン一つでできる、「いいね」などで見たよという足跡を残すだけでOK!

中高生ではないので、コメントがないことにいちいち腹を立てるような人はいませんし、そんなことで今までの関係性が崩れるようなことはありません。

自分で残したいと思ったコメントだけを残すようにして、自分自身もコメントをしてもらおうと思わないことが大切です。

自分らしい投稿をする

 
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー