ティントって?使い方は?メリット・デメリットもチェック♪

ティントって?使い方は?メリット・デメリットもチェック♪

自分磨き

メイクも時代と共に進化を遂げていますが、そんな中で注目を集め始めているのが「ティント」というアイテムです。では、ティントというのはどんなアイテムで、どんな使い方をすれば良いのでしょうか?気になるメリット・デメリットについても紹介していきます。

らん
らん
2021.05.18

ティントとは

リップ

まず、「そもそもティントってなに?」「ティントってどういう意味?」という疑問を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

リップティントとは、唇の水分量によって発色が変わり、落ちにくい新感覚のリップメイクアイテムです。 「ティント(tint)」には「染める」という意味があります。 特に韓国で人気が高く、その人気が日本にも伝わってきた形となります。

韓国コスメ、韓国ファッションなどが流行する中で、メイクも韓国由来のものが注目を集めはじめたというわけなのです。 ちなみに、ティントという方法でメイクを行うアイテムは、リップ以外にも眉毛や髪の毛に用いるものなどもあります。

ですが、一般的によく用いられているのは、やはりメリットが大きく使いやすい「リップティント」ですね。

オシャレな女性が注目するティント

リップ 女性

男性の目を惹きつける顔のパーツと言えば、唇ですよね。

セクシーな印象をもたらす唇を演出するために、これまでルージュやグロスを使ってきたという女性も多いでしょう。

ですが、ルージュやグロスには「すぐに落ちてしまう」という大きな問題点がありました。

そこで、そんな問題点を解決しつつも、男性が惹きつけられるような素敵な唇を演出するアイテムとして注目を集めているのがティントというものなのです。

では、ティントとは具体的にどのようなものなのか、またどんな使い方をするのが正解なのか、気になる疑問について徹底解説していきます!

リップティントの特徴をチェック!

リップスティック

リップティントには、グロスやルージュには無い様々な特徴があります。

落ちにくい

リップティントは唇そのものを染めるタイプのリップですので、色を乗せるだけのルージュやグロスとは違い、落ちにくいのが最大の特徴です。

自分の色が出る

リップティントは、使う人の唇の温度や水分量などにより、違った発色になるのも特徴的なポイントです。

塗った直後はナチュラル

リップティントは、塗った直後はとてもナチュラルな仕上がりです。

それが、時間の経過と共に徐々に、じんわり唇に色が出てくるから不思議ですね。

つけ心地はサラサラ

リップティントは唇の上に色を乗せているわけではないため、ルージュやグロスのように、唇がベタつくことがありません。

仕上りがサラサラになるというのが、他のリップアイテムにはない大きな特徴ですね。

リップティントには、このようにルージュやグロスにはない様々な特徴があります。

これまでのリップメイクでは納得できなかったという方は、試してみる価値がありそうですね。

KOIMEMOおすすめティントのブランド!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。