勘違いブスになる要因とは!?勘違いブスはこうやって作られている!

勘違いブスになる要因とは!?勘違いブスはこうやって作られている!

恋活

ルックスはいまいちなのに自信満々!自分で可愛い・モテると思い込んでしまっている「勘違いブス」。勘違いブスになってしまう要因は一体何なのか?実は勘違いブスはこのようにして作られていることが多いのです!

mimi
mimi
2020.01.28

どうして勘違いブスになるの?勘違いブスはこうして作られる!

めがね

勘違いブスなんて言われる女性を見ると「どうしてそんなに自信がもてるのか」と不思議に思う人も多いはずです。

実はそんな勘違いブスが作られてしまうのには、それなりの要因があるんですね。

ここでは勘違いブスになってしまう要因をまとめてみました。

身内から可愛いと言われながら育った

子供

勘違いブスになってしまう要因として考えられるのが、幼少期から大人になるまでの身内からの扱い方です。

両親や親戚などからずっと「可愛い可愛い」と育てられることはよくあるケースですよね。

しかし実際に容姿が可愛いから身内から「可愛い」と育てられるケースではなく、容姿が悪くても「可愛い」と言われて育ったという人も珍しくありません。

身内からしてみれば、容姿の良し悪しとは関係なく我が子や孫・甥っ子姪っ子という立場というだけで純粋に可愛く思えるのは当然のことです。

そのため身内からの溺愛という理由だけで、「可愛い可愛い」と育てられることもよくあることなんですね。

もちろんこのように可愛がられて育つというのは幸せなことです。

しかしながら身内から「可愛い」と言われて育つことで、勘違いブスが作られてしまうこともあるんですね。

身内からの可愛いという言葉を真に受けて育ったことで、容姿が悪いにもかかわらず「自分は可愛いんだ」と自信を持って大人になってしまうのです。

身内からの言葉に容姿への間違った自信がつくことで、大人になっても自分で自分を可愛いと思い込んでしまうということですね。

結果的に大人になって勘違いブスだと思われてしまうようになるわけですが、当然自覚はありません。

それくらいに成長過程の周囲からの言葉というのは影響力が大きいということですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事