再燃!タピオカドリンク競争激化 コーヒーに飽きた人から支持

タピオカは1990年代に一時的にブームとなったが、数年前から日本での人気が再燃。タピオカブームを生み出したと言われる台湾から有名ブランドの進出が相次いでいる。だが、第一次ブームから20年近くなった今、なぜ再び盛り上がりを見せているのだろうか。

update
2284
シェアする
返信する
シェアする
返信する
名無しさん
2018/11/01
タピオカドリンク大戦争 コーヒーに飽きた人から支持

ここ最近、若い女性を中心にタピオカを使ったドリンクが人気を集めている。だが、日本では1990年代に一度流行し、その後下火になっていたはず。なぜ今、第二次ブームが起きたのだろうか。

https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/073101399/

中学生の娘たちの間で流行ってるらしいけど、コーヒーに飽きた人ってタピオカドリンク飲むの?w

春水堂のは確かにめちゃ美味しいけど、普段はファミマのタピオカミルクティで十分美味しい。

台湾発のタピオカドリンクを扱うブランドで最も勢いがあるのが、2006年に台湾でスタートした「ゴンチャ」。大きく異なるのはカスタマイズの幅広さ。アレンジの組み合わせで2000種類ほどにもなるという。
出典:https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/073101399/

カスタマイズって流行ってるよね。インスタ映えなのか? 自分だけの、オリジナルとか、オンリーワンっていうのがこれからのキーワードかもね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー