【懐かしの】ロリータファッション、朝ドラで再燃?

2017年に誕生から35周年を迎えた『PINK HOUSE』 『半分、青い。』でも井川遥演じる菱本若菜が同ブランドのファッションで登場。 放映時には「懐かしい!」「かわいい」とSNS上で話題を集めた。

update
3021
シェアする
返信する
シェアする
返信する
名無しさん
2018/11/05
朝ドラで再注目の「ロリータファッション」 専門誌に聞く“逆輸入”で生き残るワケ

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、女優の井川遥が『PINK HOUSE』の衣装を着こなし話題となった“ロリータファション”。1980年代にブームを起こした、ヒラヒラとしたお人形のようなファッションは、90年代に熱狂的ファンの間で好まれていたが、2010年代以降は、専門誌の休刊やファストファッションの流行に押され、街で見かけることが少なくなった。そんな中、今年5月にロリータ専門誌『LE PANIER(るぱにえ)』が創刊。廃れたと思われた“ロリータ文化の現在”を同誌編集長の松村直樹氏に聞い

https://www.oricon.co.jp/special/51287/

 「ロリータ」という言葉を広く一般的にしたのが、2004年に公開された嶽本野ばら原作の映画『下妻物語』。
公開されると、お人形のようにラブリーな衣装に身を包んだ深田がかわいすぎると、ファッションやその考え方に注目が集まった。
出典:https://www.oricon.co.jp/special/51287/

井川遥とか深田恭子とかお人形急に可愛い人が来てると可愛いから騙されるけど、自分が着てもも全く可愛くないんだよね。笑

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー