平成のカラオケでもっとも歌われた歌手は「あゆ」

通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商はこのほど、1994年4月(平成6年)~18年10月(平成30年)までのデータを集計したカラオケランキングを発表した。

update
2605
シェアする
返信する
シェアする
返信する
名無しさん
2018/11/21
平成で最も歌われた楽曲は、04年にリリースされた一青窈さんの「ハナミズキ」だった。
同楽曲は徳永英明さんやMay.Jさんなど多くのアーティストにカバーされており、世代や性別を問わず親しまれているという。
出典:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/21/news082.html
各年で最も歌われた楽曲は、18年は10月までの集計では米津玄師さんの「Lemon」が1位。
17年は星野源さんの「恋」、16年はKDDIのCMで桐谷健太さん扮する浦島太郎が歌う「海の声」、
15年は三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」――だった。

SMAPの「世界に一つだけの花」は03年と04年、
GReeeeNの「キセキ」は08年と09年、
AKB48の「ヘビーローテーション」は11年と12年にそれぞれ2年連続1位を獲得した。
出典:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/21/news082.html
平成で最も歌われた歌手は「浜崎あゆみ」さんだった。
次いで「EXILE」、「Mr.Children」、「GLAY」、「サザンオールスターズ」、
「倖田來未」さん、「北島三郎」さん、「美空ひばり」さん、「B'z」、「五木ひろし」さん、という結果だった。
出典:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/21/news082.html
1 名無しさん
通報

次の世代からすると、あゆのスタイルとかが、「ザ平成」って感じになるのかなあ。

昭和といえば松田聖子さんだったのが。

でも現状、平成を生きて来た者としては、安室ちゃんから平成が始まり、平成の終わりに安室ちゃんが返り咲いたって感じするなあ。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー