「ボヘミアン・ラプソディ」が様々な人を惹きつける理由

Queen(クイーン)の軌跡を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」 興行収入100億円、ゴールデン・グローブ賞で作品賞と主演男優賞を受賞し、アカデミー賞の最有力候補にも。 「史実と違う」という意見もありますが、様々な人をひきつける魅力を「俺が何者かは俺が決める」というセリフから読み解きます。

update
2707
シェアする
返信する
シェアする
返信する
名無しさん
2019/01/09
「ボヘミアン・ラプソディ」100億円突破へ「史実と違う」でもいい! - withnews(ウィズニュース)

 Queen(クイーン)の軌跡を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」の興行収入100億円、2018年の国内トップが確実な情勢となりました。ゴールデン・グローブ賞で作品賞と主演男優賞を受賞し、アカデミー賞の最有力候補にも躍り出ました。「史実と違う」という意見もありますが、長年のファンには、架空の場面に

https://withnews.jp/article/f0190109004qq000000000000000W07q10401qq000018620A

 「まずは史実に忠実でないにも関わらず、それを押しのけるエンターテイメント性があって、ファンが見て時系列が違っていても許せちゃうぐらいの感じでした」

 「(主演の)ラミ・マレックが、フレディ本人のまねをしなかったことが、ミソだと思います。フレディの人生から作り出した共同作品ということだと思います」
出典:https://withnews.jp/article/f0190109004qq000000000000000W07q10401qq000018620A
 フレディが抱えていた、移民やLGBT、容姿、宗教といったことによる偏見や差別といった問題は、
 今もニュースをにぎわせているようにホットな話題です。
 多様性に寛容な社会への道のりは容易ではなく、揺り戻しもあるでしょう。
 分断社会。不寛容な社会。
 その危惧が、映画から伝わるメッセージと私たちの実社会が重なる。
 社会の空気感とマッチしていいるということではないでしょうか。

 「俺が何者かは俺が決める」
 映画で出てきたフレディのとても重い言葉です。
出典:https://withnews.jp/article/f0190109004qq000000000000000W07q10401qq000018620A

フレディ・マーキュリーって伝説の人って印象だったけど、実際はものすごいマイノリティーで葛藤を抱えていたんだね。

1 名無しさん
通報

やっぱ史実と違うんだー。ほんとかな?って思うところは何箇所かあった。

確かに、現代の人たちが抱えてる不安とか、孤独を

「あなただけじゃないよ」って思わせてくれるのがクイーンであり、ロックなのかもしれない。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー